ピザ屋の店長 邪悪日誌


by taka0030027

2013年3月の読書メーター

2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1056ページ
ナイス数:20ナイス

一瞬で人の心を誘導する技術一瞬で人の心を誘導する技術感想
ミルトン・モデルをNLPを学んでいない人でも分かりやすく説明した本です。ミルトン・モデルをもっと日常生活で使って、特に仕事場で仲間達に動いてもらえる様にしたいものです。
読了日:3月28日 著者:加藤聖龍
疲れとり首ウォーマー (レタスクラブムック)疲れとり首ウォーマー (レタスクラブムック)感想
本はオマケ。ネックウォーマーは眠りが良くなります。Tシャツ欲しいですね。
読了日:3月28日 著者:
投手論 (PHP新書)投手論 (PHP新書)感想
昨シーズンまでファイターズで投手コーチを務めていた吉井氏の初著書。近鉄、ヤクルトでの暴れん坊時代の話、メジャーでの体験は面白かった。一番興味があったのはファイターズでのコーチ時代の話は思っていた通りだった。吉井氏は投手を気分良く投げさせる事をとても良く考えていた。投手陣には頼り甲斐があっただろうし、野手出身の監督にはやり辛い人だったのだろう。ちょっと憧れる。
読了日:3月19日 著者:吉井 理人
人を動かす力 (アスカビジネス)人を動かす力 (アスカビジネス)感想
日本で使いこなせる人が僅かしかいない「メンタリング」の入門書だったのですね。是非学んで、人を気持ち良く動かせる人になりたいです。
読了日:3月9日 著者:椎名 規夫
自分とまわりを変える魔法のNLP実践トレーニング (アスカビジネス)自分とまわりを変える魔法のNLP実践トレーニング (アスカビジネス)感想
Febeのオーディオブックで聞きました。出てくるエピソードは心に染みるモノばかり。どんな人生を送るか、お金や物じゃなく、心が満たされる人生にしたいですね。
読了日:3月6日 著者:椎名 規夫
それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条感想
マザーテレサの言葉として世に広がっているが、実は違う「逆説の10カ条」周りがどう思おうと、自分が正しいと思った事をする。簡単には出来ないけど、出来るはず。
読了日:3月4日 著者:ケント・M・キース

読書メーター

[PR]
# by taka0030027 | 2013-04-03 20:07

2013年2月の読書メーター

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1376ページ
ナイス数:29ナイス

どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました!どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました!感想
NLPで学んだスキルが多かった。スキルよりもラポール(この本では「愛」)が大事であるとのこと。信頼感、相手への気配りをどう伝えるか、その為のスキルが章ごと、巻末にまとまっているので、そこだけで読み返す事ができる。
読了日:2月26日 著者:山口 拓朗
部下を育てる「承認力」を身につける本 (DO BOOKS)部下を育てる「承認力」を身につける本 (DO BOOKS)感想
「承認欲求を砕く」発言をし、「マイナスの承認」をしてしまう上司が世の中には沢山いるだろう。そもそも「承認」を意識した事もない人も多いだろう。受け止める、褒める、労う、寄り添う、フィードバックなどが「承認」だ。コミュニケーションの第一歩は「承認」だろう。著者の体験から具体的な例が説明されていて分かりやすいです。
読了日:2月22日 著者:吉田 幸弘
「LABプロファイル」で人を動かす!  一瞬でやる気にさせる「コトバ」の探し方・使い方「LABプロファイル」で人を動かす! 一瞬でやる気にさせる「コトバ」の探し方・使い方感想
質問して言葉から人の行動のクセを見つけるプロファイリングを行い、相手が受け入れやすい言葉を使う。より自分の考えを受け取ってもらいやすくする事はコミュニケーションとして大事なこと。とても分かりやすいし、すぐにも実践できそうです。
読了日:2月16日 著者:小林由香
強いリーダーはチームの無意識を動かす強いリーダーはチームの無意識を動かす感想
「スタッフを本気で愛すればテクニックはいらない」と巻末にあるが、愛を伝えるテクニックが満載の本です。重要な事は「相手を観察」する事。自分自身を穏やかに保つ事。その上でちょっとしたコツを掴んで、思いを伝える。「無意識」を意識する事はできるものなのかな?
読了日:2月13日 著者:石井 裕之,橋川 硬児
NLPのことがよくわかり使える本 (アスカビジネス)NLPのことがよくわかり使える本 (アスカビジネス)感想
グリンダー博士の公式代理人によるニューコードNLPの入門書。キリスト教にカトリックとプロテスタントがある様に、NLPにも「宗派」があるのかと興味を持ち読んでみた。殆どが今迄学んだ事で、分かりやすい本だった。「自分達以外は正しくない」という姿勢が僅かに感じられるが、何を学ぶ以上に「誰と学ぶか」が大事なので気にしない事にする。
読了日:2月5日 著者:松島 直也
今日から使える!  「器が小さい人」から抜け出す心理学今日から使える! 「器が小さい人」から抜け出す心理学感想
器の小さい人を動物に例えて、特徴と対策をイラスト満載で解説している。自分にこんな所があるかも…と気づけるならOKか。
読了日:2月5日 著者:ポーポー・ポロダクション
置かれた場所で咲きなさい置かれた場所で咲きなさい感想
「愛をこめて生きる」を奨められて読み、心地良い読後感だったのでこの本も読んだ。 さりげなく素晴らしい生き方をしてみてくださいと言われても、簡単にできません… でも憧れます。
読了日:2月3日 著者:渡辺 和子

読書メーター

[PR]
# by taka0030027 | 2013-03-05 20:01 | 読書

2013年1月の読書メーター

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2024ページ
ナイス数:23ナイス

ムダなことなどひとつもないムダなことなどひとつもない感想
ゆっくり、明るく生きていければ良いな、そう思わされる優しい言葉で一杯の本です。私は宗教には無頓着だが、長い歴史がある宗教から、それを守っている人達からは大いに学べるのだ。著者に限らず、仏教に限らず、優しい言葉を聞くために足を運ぶ機会を作りたい。
読了日:1月29日 著者:酒井 雄哉
姫椿 (文春文庫)姫椿 (文春文庫)感想
浅田次郎氏は初めて。J-WAVEの朗読番組で「シエ」を中野美奈子アナが読んでいたのを聞いたのだか、仕事中で飛び飛びになり、読み返したい?と思いKindleで購入。気持ちが暖かくなる短編が他にもあり、とても気に入りました。夜明け… みたいな話が好きです。
読了日:1月29日 著者:浅田 次郎
なぜ、あのガムの包み紙は大きいのか  ドラッカーに学ぶお客様を幸せにする会社の作り方 (角川フォレスタ)なぜ、あのガムの包み紙は大きいのか ドラッカーに学ぶお客様を幸せにする会社の作り方 (角川フォレスタ)感想
ドラッカーはなかなか理解できない。見栄を張るつもりもなく、不勉強だなと思うだけです。「もしドラ」は読んだけど、他の本は途中で挫折した。でもこの本は理解できそうだ、実践できそうだ。仲間たちと「私達の考え」を作れるように使っていこう。
読了日:1月25日 著者:山下 淳一郎
3652―伊坂幸太郎エッセイ集3652―伊坂幸太郎エッセイ集感想
伊坂さん、エッセイ苦手という割りには面白いですよ。 中には自分の小説の解説になっているような… 伊坂さんのルーツとなる小説を読んで見ようかと思います。
読了日:1月23日 著者:伊坂 幸太郎
幸せに生きる人の考え方・歩み方幸せに生きる人の考え方・歩み方感想
仕事のカバンにいつも入れている。昼ごはんを食べながら少しずつ読んでいた。見開き2ページで一つのテーマなので、一気に読むより、隙間時間に心に水をやる為に読むのが良いかな。著者の人柄そのままの、考え方や心を解してくれる本。これからも持ち歩いて、心に水をやるが如くこの本と付き合います。
読了日:1月18日 著者:上前 拓也
何をやっても上手くいかない人の「あきらめグセ」をなおす45の処方箋何をやっても上手くいかない人の「あきらめグセ」をなおす45の処方箋感想
自分や周りの人達を好きになれるスキルが満載の本ですね。著者のメールマガジンと同様に、そばで話してくれている様に心に頭に入ってくるのです。NLPを知っていると思わずニヤリです。人間関係に疲れた時に読んでみよう。
読了日:1月13日 著者:浦 登記
「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方感想
無視利他の精神で、リーダーと呼ばれたい。収入、地位、人を見下すとかより、いかに他人や社会の役に立つか。リーダーはこうあるべき…という考え方には不必要な思い込みが多い。周りから推されるリーダーになりたいものだ。
読了日:1月12日 著者:岩田 松雄
人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない感想
この二人の本は二冊とも読んだ。読む度に「お前なんて努力が足りないんだよ」と言われている気分になる。でも、この本のタイトルはちょっと勇気をくれる。
読了日:1月7日 著者:見城 徹,藤田 晋
精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得感想
自分の可能性を制限しているのは自分。可能性を信じて行動する。潜在能力は無意識とどう関係するのかな?
読了日:1月7日 著者:樺沢 紫苑
人生を変える 修造思考!人生を変える 修造思考!感想
一流アスリートだけあって、脳を上手く使っている人ですね。「性格は変えられないけど心は変えられる」は良い言葉。コミュニケーションの達人ですよ、この方は。ただし、食べ方はネタですねw
読了日:1月6日 著者:松岡修造

読書メーター

[PR]
# by taka0030027 | 2013-02-26 21:06

2012年12月の読書メーター

2012年12月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1563ページ
ナイス数:47ナイス

人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと感想
黒猫の「ライオン」が人生を良くするアイディアを教えてくれる物語。NLPとかコーチングとか引き寄せの法則などが散りばめられています。なんか勇気をもらえる話、続編出て欲しいな。
読了日:12月21日 著者:金光 サリィ
それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条感想
自分の行動に意味付けするのは自分。自分にOKを出す。他人の為に行動する。他人がどうするか、どう思うかではなく、自分が見たされるかが大事。良い事をしたと自分が思っても、他人は思わない、恩を仇で返す様な事が行われる。そこで自分がどう思うかが大事なんだろう。愛に溢れた本、名著。
読了日:12月21日 著者:ケント・M・キース
残り全部バケーション残り全部バケーション感想
五本の短編。発表された時はバラバラな4本に、書き下ろしの第五章が加わって、一つの話になってますね。溝口という反面教師の様な憎めない主人公が良いです。さらに続いて欲しいですね。軽くて、ちょっと心に響いて、心地良い、さすが伊坂さんですね。
読了日:12月19日 著者:伊坂 幸太郎
バスジャック (集英社文庫)バスジャック (集英社文庫)感想
「二階扉をつけてください」は「あゝやっちゃった」という感じ、この軽さは心地良い。「バスジャック」は三崎氏らしいどんでん返し。「動物園」は捉えどころがないけど引き込まれた。「送りの夏」は「死」と「信頼」がテーマ。色々な短編が詰め込めれていて、音楽のアルバムの様だ。
読了日:12月11日 著者:三崎 亜記
生きる喜びは、仕事とともにあるヒルティの幸福論: すぐ実行できて結果が出せる76の言葉 (知的生きかた文庫)生きる喜びは、仕事とともにあるヒルティの幸福論: すぐ実行できて結果が出せる76の言葉 (知的生きかた文庫)感想
一世紀近くも前の人とは思えない。人として良い振る舞いはそんなに変わらないらしい。短くまとめられている76の言葉は、寝る前にベットで読むのに良かった。心を温かくしてくれる本です。
読了日:12月8日 著者:カール・ヒルティ
ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由感想
なんの為に働くか?  自分のミッションは何か? 分かりかけていて、もう少しで自分のものに出来る感覚がある。 会社のミッション? ビジョン? 当てに出来なければ、自分のミッションを持ち、 会社に依存しない生き方、能力を身に付けなくてはいけないと思う。 とはいえ、ミッションが明らかな会社は羨ましいと感じる。
読了日:12月7日 著者:岩田 松雄
勝てば官軍―成功の法則勝てば官軍―成功の法則感想
物凄く苦くてとても効く飲み薬の様な本。15年前の本だが、今読んで違和感がほとんど無く、先見性がとてもある方。但し本業のマクドナルドは後に原田泳幸氏にひっくり返されるわけだが…とても良い事が書かれているにもかかわらず、品の無さを感じますがそれも強烈な個性か。孫正義氏の名前が15年前の本に出てくるとは予想外だった。
読了日:12月3日 著者:藤田 田

読書メーター

[PR]
# by taka0030027 | 2013-01-06 18:06 | 読書

2012年11月の読書メーター

2012年11月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2729ページ
ナイス数:34ナイス

ジャパネットからなぜ買いたくなるのか? 一番売れた生放送の秘密ジャパネットからなぜ買いたくなるのか? 一番売れた生放送の秘密感想
それは高田社長がコミュニケーションの達人だから。「伝える」と「伝わる」の違いを意識し、コミュニケーションの主役は「受けて」である事を商品紹介の番組中は勿論の事、社員との対話でも実践している事が一つ。もう一つは人をしっかり観ていること。非言語のメッセージを受けとめている事。そんなコミュニケーションの達人を社員が好きになり、みんなで力を合わせて良い会社にしている、だから「商品の良さ」を熱心に伝える事ができるのだろう。商品の先にある「生活」や「感動」を伝える事がミッション、カッコ良い。
読了日:11月28日 著者:荻島央江
ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)感想
伊坂さんらしく、散らかして片付けるスタイル、惹きつけられます。人生って何だろう? 恵まれているように見えてもそうでなかったり、手放せないモノを持っている人が幸せだったり… どう感じるかは自分次第ですよね、
読了日:11月28日 著者:伊坂 幸太郎
プロ野球スカウトが教える 一流になる選手 消える選手 (祥伝社黄金文庫)プロ野球スカウトが教える 一流になる選手 消える選手 (祥伝社黄金文庫)感想
元ジャイアンツの選手、コーチ、スカウトだった上田氏、背番号2でショートを守っていた記憶がある。野球に限らず、人として大事なことを「五心」として新人選手に教えていた。1.素直な心2.反省の心3.謙虚な心4.奉仕の心5.感謝の心選手として伸びるのは、1.精神的に強い2.考えて練習する紙一重の差をつけるのはこの二つですね。
読了日:11月22日 著者:上田 武司
世界でいちばん楽しい会社: 夢を追う12の起業家たち世界でいちばん楽しい会社: 夢を追う12の起業家たち感想
きっかけは地元新聞に、仙台を地元とするピザ屋が取り上げられているという書籍広告があり、自分の仕事の競合がどのような会社なのかを知りたくて購入した。取り上げられている12社は、何れも大手ではなく、ベンチャー企業として誇れる企業ばかり。中には世界に誇れる技術を持つ会社もあった。全ての会社が「人の役に立つ」事を目指している、ミッションを持っている。素晴らしい事です。自分が所属している会社は、そして自分自身はどの様なミッションを持っているのか?自分はまだまだ足りない、もっともっと成長する。
読了日:11月20日 著者:早川 和宏
どうしてあなたは部下とうまくいかないのか?どうしてあなたは部下とうまくいかないのか?感想
何があったんだ?君はどうしたんだ?君はこれから何をするんだ?WHATとHOWを駆使する。WHYではない。「怒る」はチャイルド。「褒める」は子供扱い。「労う」事が大事。自分にOKを出す。
読了日:11月17日 著者:堀之内 高久
ロバート・ディルツ博士のNLPコーチングロバート・ディルツ博士のNLPコーチング感想
第4章のメンタリングまで読み返した。内なるメンターを確立できる様になりたい。前回読んだ時より理解できた。理解できたと言っても、自分のモノになっている感覚が無いという事は、また読み返す必要があるということですね。
読了日:11月13日 著者:ロバート・ディルツ
ザ・シークレットザ・シークレット感想
「引き寄せの法則」は考えている事は実現する、だから自分にとって良い事を考えようという事ですね。心地良い空気を浴びている様な本でした。
読了日:11月8日 著者:ロンダ・バーン
覚悟 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか覚悟 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか感想
仙台の書店のビジネス書の第5位だった。栗山監督は言葉を上手く使って、選手に力を出させる人だ。コーチングを含むコミュニケーションの達人なのでしょう。だから地元でもない土地で、ビジネス書として売れたのだと思う。自分の事を考えず、他人の為に尽くす「覚悟」は見習いたい。
読了日:11月4日 著者:栗山英樹
成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)感想
仕事が楽しい、趣味よりも仕事が楽しい、仕事が趣味だ、そう言える人を羨ましく思えます。「人を残す」ことは仕事として最優先だと思う。そして人生として何を残せるか…寄付、財団設立はができれば、自分の人生は良いものだったと言えるだろうな。
読了日:11月2日 著者:レイ・A. クロック,ロバート アンダーソン,野地 秩嘉,孫 正義,柳井 正

読書メーター

[PR]
# by taka0030027 | 2012-12-07 15:40 | 読書

2012年10月の読書メーター

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1605ページ
ナイス数:29ナイス

人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ (河出文庫)人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ (河出文庫)感想
ゆるい。心に染みる、穏やかさ。枕元に置いて、寝る前に心を落ち着かせるには良い本でした。
読了日:10月27日 著者:ロバート フルガム
大きく、しぶとく、考え抜く。―原田泳幸の実践経営論大きく、しぶとく、考え抜く。―原田泳幸の実践経営論感想
目標というよりただ憧れてしまいます。原田氏の著書は何れも一気に読めます。残らないからではなく、何度も同じ事が過去の著書に書かれているから。それは、ブレていないという事で悪い事ではない。スティーブ ジョブス氏について書かれている事と、ユニクロの柳井氏との対談が目玉かな。
読了日:10月23日 著者:原田 泳幸
ほめて!叱って!励まして!―部下が育つ魔法のキメ技ほめて!叱って!励まして!―部下が育つ魔法のキメ技感想
新任マネージャーが、チームをまとめていくストーリー。その中に使える言葉が沢山ありました。「魔法のキメ技」は相手の事を真剣に思う言葉なんですね。
読了日:10月22日 著者:本間 正人
こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語感想
人間ってまだまだ捨てたモノじゃない。世界の至る所に素敵な人が沢山のいる。そんな素敵な人達の話を読んでいると、心が軽くなる。湯船に浸かりながらとか、寝る前のほんの少しの読書に最適でした。
読了日:10月19日 著者:ジャック キャンフィールド,マーク・ビクター ハンセン
コア・トランスフォーメーション:癒しと自己変革のための10のステップコア・トランスフォーメーション:癒しと自己変革のための10のステップ感想
読むのに凄く時間がかかりました。ページ数が多い事もありますが、「感じる」部分が多いからだと感じました。自分のパートと会話する事、感謝する事、パートの肯定的意図が大切だと思います。瞑想の様に使えるのかな?スピリチュアルな事は良く分からなかった。
読了日:10月19日 著者:コニリー・アンドレアス&タマラ・アンドレアス
日本女子サッカーが世界と互角に戦える本当の理由日本女子サッカーが世界と互角に戦える本当の理由感想
選手の背景はもちろん大変興味深い話であったが、それ以上に指導者の話が大変興味深かった。ゴールデンエイジとは9〜12才の吸収力が最もある年齢。この時期に好きな事を見つけ、打ち込む事ができたらモノになりやすいらしい。その時期自分は、勉強と野球を「やらされ」けなされ嫌いになった。大事な時期だったのに…
読了日:10月5日 著者:松原 渓

読書メーター

[PR]
# by taka0030027 | 2012-11-03 20:15 | 読書

2012年9月の読書メーター

2012年9月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:3409ページ
ナイス数:32ナイス

神経言語プログラミング―頭脳(あたま)をつかえば自分も変わる神経言語プログラミング―頭脳(あたま)をつかえば自分も変わる感想
20年以上前の本だけど、古臭さは全く感じない。NLPは「人生に対する姿勢」であるとのこと。納得です。サブモダリティの扱いで、脳を上手く使う例が殆どなのだが、サブモダリティという言葉は一度も出てこない。そこに歴史を感じる。
読了日:9月27日 著者:リチャード バンドラー
人生を勝利に導く金言人生を勝利に導く金言感想
野村克也氏のベスト盤。いつも叱ってばかりの人かと思っていたが、「八褒め二叱り」なのは意外。愚痴は建設的ではないが、「ぼやき」は理想があって出るもの。何度も読み返す価値あり。
読了日:9月22日 著者:野村克也
仕事で頭ひとつ抜きん出る裏トーク術   ―日本一高いコンサルタントと心理臨床家が教える仕事で頭ひとつ抜きん出る裏トーク術 ―日本一高いコンサルタントと心理臨床家が教える感想
その場をしのぐ裏トーク術として「期待先取り謝罪法」は身に付けておこう。 クレーム対処に役に立つ。 本当に身に付けたいのは、コミュニケーション技術を高めるための、「共感覚」と「身体感覚」のトレーニングだ。 「人格障害」が20人に一人、これからは更に増えていきそうな世の中で、共感覚と身体感覚をより自在に使えることは、人生を豊かにするはずだ。
読了日:9月21日 著者:佐藤 昌弘,堀之内 高久
人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった感想
冒頭で「ディズニーは憧れられるけど、マクドナルドはそうではない」とある。 確かにマクドナルドのブランドイメージが今の様に高くなったのは、原田泳幸氏が来てからのここ10年以内の話で、それ以前はファストフードの一つに過ぎなかったはず。 一番大事なことは「一緒に仕事をする仲間(アルバイト・クルー)を信頼すること」だろう。 部下、アルバイトは言われたことをやればいい…と思うところに「信頼感」が生まれるわけがなく、生産性が上がるわけもない。 いかに仲間を信頼し、尊敬し、リソースを引き出し、一丸となって仕事する
読了日:9月19日 著者:鴨頭 嘉人
叱らなくても部下の心をつかむ方法叱らなくても部下の心をつかむ方法感想
「フィードバックしていいですか?」この一言からスタートして、自分の主観を入れずに事実のみを伝える。そして考えてもらう。褒める、叱るにこの「ニュートラル フィードバック」を身につけたら良いコーチングができる。「ニュートラル フィードバック」も「魔法の言葉」のヒントになるかもしれません。
読了日:9月16日 著者:本間正人
職場も家庭もうまくいく「ねぎらい」の魔法 (角川フォレスタ)職場も家庭もうまくいく「ねぎらい」の魔法 (角川フォレスタ)感想
久しぶりに読み出したら止まらない本、一気に読んでしまった。
「ねぎらい」は自分の中での大きなテーマ。
褒めるには条件、成果などが必要だけど、「ねぎらい」は無条件でできる。
ただし、なかなか心に響く言葉が見つけられません。
響く言葉を自分のものにして、「ねぎらい」を得意とする人になりたい。

何よりまずは自分を忘れがちになる「自分」をねぎらわなくては…
読了日:9月15日 著者:兼重 日奈子
こころを変えるNLP―神経言語プログラミング基本テクニックの実践こころを変えるNLP―神経言語プログラミング基本テクニックの実践感想
難しかった。 自分の理解度が低いからだろう。 スキルを使い、さらに磨く時に役に立つ本だろう。 サブモダリティをもっと意識しよう、大事なスキルだと改めて思った。
読了日:9月14日 著者:スティーヴ アンドレアス,コニリー アンドレアス
情報量が10倍になるNLP速読術 (フォレスト2545新書)情報量が10倍になるNLP速読術 (フォレスト2545新書)感想
隅々まで読む必要がない事、無意識を使うこと、状態を作る事が大事。
読了日:9月9日 著者:松島直也
人を動かす力 (アスカビジネス)人を動かす力 (アスカビジネス)感想
人の良い所を見るようにすること、寄り添うこと…をもっともっと意識しよう。共感してもらえるアプローチを実践して身につけたい。
読了日:9月6日 著者:椎名 規夫
「職場がツライ」を変える会話のチカラ「職場がツライ」を変える会話のチカラ感想
お互い嫌な思いをすること、させることが良いと変な「前提」を持っている会社が多い、そういう「前提」が無い会社が取り上げられる事が増えてきています。 みんながこの本に書かれている事ができる会社が今後業績を伸ばして生き残る、そんなノウハウだと思う。 「人」が最も大事なリソースですよね。 奥様に渡した著者の好きな一冊の本がとても気になります。
読了日:9月4日 著者:竹内 義晴
行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術感想
オーディオブックで購入。コミュニケーションの鉄則は「どう受け取る」だから仕事でも教えられる側が「どう理解し実行する」かが大事である。上司だから、歳上だから、立場が上だからといって「教える能力」を磨かずに相手の責任にするのでは無能ということですね。「教える技術」なんて必要ないという人は論外、スキルを意識して磨かないと、仕事で生き残れない、そういう時代になるはず。
読了日:9月4日 著者:石田 淳
部下が思い通り動いてくれるNLPリーダーシップ術 (アスカビジネス)部下が思い通り動いてくれるNLPリーダーシップ術 (アスカビジネス)感想
オーディオブックで購入。NLPを職場でどう使うかヒントになるかと思ったが、出版当時は「NLP」がタイトルに入っていなかった。だから「隠し味」的なものだった。それは期待していたものとは違ったが、為になる事はあった。
読了日:9月4日 著者:菅谷 新吾
河北新報特別縮刷版 3.11東日本大震災1ヵ月の記録河北新報特別縮刷版 3.11東日本大震災1ヵ月の記録感想
正直な所隅々まで読みきったわけではない。当時仙台にいない、そして今は仙台にいる者として、何があったか空気感を僅かでも感じる事ができた。
読了日:9月4日 著者:
SQ “かかわり”の知能指数SQ “かかわり”の知能指数感想
オーディオブックで購入。人との関わりを上手く持てれば良し。そういう人が周りに増えれば良し。周りに良い影響を与えられる人は、人として働く人としてとても良い。心の内側に対するアプローチを期待していたが、社会学的な内容でした。SQ(関わりの知能指数)の平均点は下がりつつあり、意識する事、スキルを身につける事が大事になると感じます。
読了日:9月4日 著者:鈴木 謙介
新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?感想
キラキラしている普通の会社「テッセイ」お話。 新幹線車内清掃を憧れられる仕事にしたのは「褒める」こと。 褒めることによってユニバーサルサービスや改善提案が生まれる。
読了日:9月3日 著者:遠藤 功

読書メーター

[PR]
# by taka0030027 | 2012-10-04 19:27 | 読書

8月の読書メーター

8月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1230ページ
ナイス数:60ナイス

アルバイトだけでもまわるチームをつくろう~ディズニーじゃなくても大丈夫!アルバイトだけでもまわるチームをつくろう~ディズニーじゃなくても大丈夫!
「アルバイト」という呼び方が好きではないといいつつ「アルバイト」という言葉を使う事が一番しっくりくる世の中は、「非正規雇用」を見下しているのだと思う。世の中には「人より上になりたい」と思う人が多く、その見下す対象に丁度良いのだろう。著者は30歳まで非正規雇用、今は会社役員と、両方の立場が分かった上で、「非正規雇用」人材の大切さを伝えている。そのノウハウは「非正規雇用」の為ではなく、今の20代の人々とどう接するかのヒントでもある。これらの事ができてるか?!自信を持ってできると言える人は少ないだろう、自分自身
読了日:08月21日 著者:鈴木 亮
自衛隊の仕事術 160の金言集自衛隊の仕事術 160の金言集
前作に比べ、自衛隊についての記述が少ない。著者は意図的と後書きに記しているが、ネタ切れなのかと読みながら思いました。内容は自衛隊であろうがなかろうが、ためになるフレーズがあって良かった。
読了日:08月18日 著者:久保光俊,松尾喬
あるキング (徳間文庫 い 63-1)あるキング (徳間文庫 い 63-1)
Fair is foul,and foul is fair.物事には意味は無い、意味を付けるのは我々だ。その意味は絶対ではなく、紙一重のものだ。人の繋がり方が伊坂さんらしいし、テンポの良さもいつも通り。一気に読める無駄の無さが好きです。
読了日:08月14日 著者:伊坂 幸太郎
リチャード・バンドラーの3日で人生を変える方法リチャード・バンドラーの3日で人生を変える方法
リチャード・バンドラー氏の3日間セミナーに擬似参加体験が出来る本。 「自分を自由にすること」「思い込みをしっかりコントロールすること」を意識していこう。 そして「今まさに、人生で最も大切なものは何か」をしっかり考えよう。
読了日:08月11日 著者:リチャード・バンドラー,アレッシオ・ロベルティ,オーウェン・フィッツパトリック
S&B社員のとっておき赤缶カレー粉レシピS&B社員のとっておき赤缶カレー粉レシピ
最近カレーを食べる機会が減ってるので体調が上がらないのかと思い、積極的にスパイスを摂取できる様にカミさんに買い与えた本。いいアイディア満載ですね。
読了日:08月10日 著者:
NHK「100分de名著」ブックス ドラッカー マネジメント (NHK「100分de名著」ブックス)NHK「100分de名著」ブックス ドラッカー マネジメント (NHK「100分de名著」ブックス)
初心者に分かりやすい。ドラッカーという人物についてと、基本中の基本を選りすぐって取り上げている。知識社会で生きる為に、さらに勉強し実践しなくてはと思う事ができたのが収穫。
読了日:08月02日 著者:上田 惇生

2012年8月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]
# by taka0030027 | 2012-09-02 23:11 | 読書

7月の読書メーター

7月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2765ページ
ナイス数:31ナイス

王様マインドと奴隷マインド王様マインドと奴隷マインド
王様は他人の幸せを考える存在であり、日本の政治屋とは違う。 むしろ政治屋は「奴隷マインド」の典型なんだろうな。 「王様マインド」は威張り腐る事ではない、素敵な心の持ちようだ。 自分の心が荒んだ時に「奴隷マインド」になっていると戒めよう。
読了日:07月29日 著者:松島 修
脳と言葉を上手に使う NLPの教科書脳と言葉を上手に使う NLPの教科書
NLPに興味を持った人に、最初に手にしてもらいたい一冊です。プラクティショナーコースの復習に読みましたが、理解しやすさは群を抜いていると思います。
読了日:07月29日 著者:前田 忠志
100円のコーラを1000円で売る方法100円のコーラを1000円で売る方法
面白かった! マーケティングは全くの素人だが、世の中色々な場面で使われているのだと大変興味深かった。
ストーリーになっている本は初心者にはありがたい。

「自分の考えは全て正しい」というタイプの人間はいるよなと苦笑いしつつ、ちょっと共感できた。
読了日:07月26日 著者:永井 孝尚
店長のためのやさしい〈ドラッカー講座〉―もし、ドラッカーがあなたの会社の社長になったら (East Press Business)店長のためのやさしい〈ドラッカー講座〉―もし、ドラッカーがあなたの会社の社長になったら (East Press Business)
ドラッカーはどうも敷居が高い。素晴らしいのは分かっているけど、もしドラからなかなか次に進めなかった。 そこでこの本、「元」店長として、店長にヒントをあげる立場として、読みやすい本でした。 再読し、もっと自分のものにしたいです。
読了日:07月23日 著者:結城 義晴
知って得する!肩コリ・腱鞘炎・首の痛み解消法 整形外科医が教える体の仕組み知って得する!肩コリ・腱鞘炎・首の痛み解消法 整形外科医が教える体の仕組み
iPhoneアプリで購入。85円だと思うと、とてもお得でした。
読了日:07月23日 著者:
熱いビジネスチームをつくる4つのタイプ―コーチングから生まれた熱いビジネスチームをつくる4つのタイプ―コーチングから生まれた
前回読んでから、色々な学び、環境の変化があったからか、今は自分がサポーターだと思う。スーパーサポーターかもしれない。両親がスーパーサポーターなのだから、そうなるのも納得だが。そして周りはコントローラーが多く、自分が異端に思えてくる。その異端さを強みにしたいのだが、コントローラーは認めたくないのだろう。絶版になっているようだが、iPhoneアプリで450円らしい。名著だけに、一人でも多くの人が読む事を期待する。
読了日:07月21日 著者:鈴木 義幸
マクドナルドの経済学マクドナルドの経済学
原田氏はモデリングしたい人物の一人です。牛丼屋、ファミリーレストラン、宅配ピザ屋はマックになれないのだろうか?マックだからできたのか、原田氏だからできたのかを考えさせられた。
読了日:07月18日 著者:原田 泳幸,伊藤 元重
しつもん仕事術しつもん仕事術
コーチングの三大スキルの一つ「しつもん」に特化して、仕事上のコニュニ ケーションを良化し、能力を向上させたり、成果をださせたりする実践例です。 「6つのマインド」と「魔法の質問」は直ぐに実践する。 中でも「自分自身を満たすことを忘れずに」というマインドは、今まで意識していなかった。 自分の「状態」が悪ければ、周りに良い影響を与えられないのは当然だと気付かされました。 後半の「曼荼羅マップ」はちょっとピンとこなかったので、再読してみよう。
読了日:07月15日 著者:松田充弘
メンタル・コーチング 潜在能力を最高に発揮させるたったひとつの方法メンタル・コーチング 潜在能力を最高に発揮させるたったひとつの方法
再読。 先日著者と一緒のチームでコーチをしていた方から話を聞く機会があり、 仰っていたことがこの本に書かれている事ばかりで驚き、読み返した。 力を発揮するためには、心を良い状態にする事が大切。 恫喝ではなく、信頼して見守る事がコーチの仕事と言い切る著者には ただ憧れるだけだ。
読了日:07月13日 著者:白井 一幸
和田裕美 「陽転」コミュニケーション和田裕美 「陽転」コミュニケーション
とても心地良い本でした。 人のつながりを大事にしたい。 損得を考えず、相手の為になれるようになりたい。 周りを「ゴキゲン」にできるヒントが沢山でした。
読了日:07月08日 著者:和田裕美
こころのウイルスこころのウイルス
「病は気から」という言葉をNLPを使って説明したような本。 自分の心をコントロールできた方が、良い人生を送れますよということ。 簡単ではないけれど、自分のものにしたいスキルがあった。 世の中、心が病んでいる人が多いと思うな…
読了日:07月07日 著者:ドナルド ロフランド
これだけ!  ほめフレーズこれだけ! ほめフレーズ
NLPを勉強しているから理解しやすいと思うが、全く知らないと物凄く高度なスキルに感じそうです。 肯定的vs否定的…というか、ほめるvs叱るを3:1以上にしないと組織は衰退するという考え方には納得。 24のフレーズは効果があるはず、使いこなすのは簡単ではないですが、1つずつ自分のものにしよう。
読了日:07月05日 著者:鈴木達也

2012年7月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]
# by taka0030027 | 2012-08-01 21:14 | 読書
コミュニケーション能力1級講座を、受講してきました。

その中で一番印象に残ったのが、「状態」を作る大切さです。

世界最速の男でも、状態を作らないとフライングで失敗してしまう。
女子フィギュアスケートのタイトルホルダーでも、状態を作らないと練習で飛べるジャンプが飛べなくなる。

「状態」って「力を100%発揮できる精神」の「状態」という事なのかなと理解しました。

その講座の昼休みに、受講生の男性の方とつけ麺を食べに行きました。
もの凄く野球に詳しく、背がとても高い人でした。
そう言えば、名札を見た時に???と思っていたので訊いてみれば、
なんと自分がファンのチームの元選手、コーチ、スカウトをされていた方だったのです!

その方の話の中で、一軍で活躍する選手も二軍にいる選手も技術はほとんど変わらない、
違うのは、成功体験を積み重ねて「状態」を作れるかどうかの違いだと言うのです!

その方は今年は小学生の野球のコーチをされていて、子供達に成功体験を積み重ねてもらう事を意識されているそうです。

そして小学生に「考えさせる」事による「自己決定感」を与えているといると言うのです。

上から目線で「やらせる」事が仕事と思っている事、
「状態」を作るどころか、モチベーションを下げる言動が多い事、
小さくても「成功体験」を感じさせられない事、

あゝ情けない。
なんと情けない。

そんな事を講座と、元野球選手に学んで、少しずつ実践中です。

まだまだ人生勉強が続くのですね。
[PR]
# by taka0030027 | 2012-07-06 17:31 | NLP