「ほっ」と。キャンペーン

ピザ屋の店長 邪悪日誌


by taka0030027

<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013年5月の読書メーター

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:676ページ
ナイス数:23ナイス

イラッとしたときのあたまとこころの整理術イラッとしたときのあたまとこころの整理術感想
「ネガティブな気持ちの背景には、前向きな信念・価値観がある」だからネガティブな気持ちを受け入れ、「何がこう思わせるのだろう」と自問する事で落ち着き、向き合える。トライアングル コミュニケーション モデルは是非学んでみたい。
読了日:5月28日 著者:竹内 義晴
心が思い通りになる技術心が思い通りになる技術感想
NLPを理系的な説明で書かれてます。文系の自分にとって難しいかと思っていたが、驚くほど分かりやすかった。例えが今まで学んできた事の理解を整理するのに役立った。学びを続けてまた読み返したい。その時はまた更に自分のモノにできている事を実感できるだろう。
読了日:5月21日 著者:原田 幸治
これだけ!  ほめフレーズこれだけ! ほめフレーズ感想
相手の能力を引き出す言葉=ほめフレーズ。「ほめる」という行為が「上から目線」と感じるのであまり使わない様にしているのだが、なかなかシックリこない。いずれにせよ、有用なフレーズが沢山あります。使わないと勿体無い。
読了日:5月14日 著者:鈴木達也
覆面調査員(ミステリーショッパー)は見た!  感動のサービス あきれたサービス覆面調査員(ミステリーショッパー)は見た! 感動のサービス あきれたサービス感想
店ってこうありたいと思う。そういう内容です。但し著者が血を流していない、涙を流していないので、共感できない。特に第一章は不快。苦い薬の様な本、間違った事は書かれていない。
読了日:5月10日 著者:本多 正克
伝え方が9割伝え方が9割感想
「ビックリした、この本使える!」文章を書く事で頭痛がする私が、楽しくなる位のスキルが満載です。まるで料理のレシピのようなスキルが、できる、できると励ましてくれます。周りをビックリさせてやりたいですね。
読了日:5月2日 著者:佐々木 圭一
リッツ・カールトン たった一言からはじまる「信頼」の物語リッツ・カールトン たった一言からはじまる「信頼」の物語感想
高野氏の著作を読む度に、「プライドを持って、憧れられる仕事をしたい」と思う。それは仕事を変えたいのではなく、「職場を変える」という意味でである。今回は特に「言葉の大事さ」について取り上げられている。リーダーとして仲間達にどの様に声をかけるか、声のかけ方でモチベーションを下げるかが響いた。
読了日:5月2日 著者:高野 登

読書メーター
[PR]
by taka0030027 | 2013-06-30 23:30