「ほっ」と。キャンペーン

ピザ屋の店長 邪悪日誌


by taka0030027

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013年2月の読書メーター

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1376ページ
ナイス数:29ナイス

どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました!どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました!感想
NLPで学んだスキルが多かった。スキルよりもラポール(この本では「愛」)が大事であるとのこと。信頼感、相手への気配りをどう伝えるか、その為のスキルが章ごと、巻末にまとまっているので、そこだけで読み返す事ができる。
読了日:2月26日 著者:山口 拓朗
部下を育てる「承認力」を身につける本 (DO BOOKS)部下を育てる「承認力」を身につける本 (DO BOOKS)感想
「承認欲求を砕く」発言をし、「マイナスの承認」をしてしまう上司が世の中には沢山いるだろう。そもそも「承認」を意識した事もない人も多いだろう。受け止める、褒める、労う、寄り添う、フィードバックなどが「承認」だ。コミュニケーションの第一歩は「承認」だろう。著者の体験から具体的な例が説明されていて分かりやすいです。
読了日:2月22日 著者:吉田 幸弘
「LABプロファイル」で人を動かす!  一瞬でやる気にさせる「コトバ」の探し方・使い方「LABプロファイル」で人を動かす! 一瞬でやる気にさせる「コトバ」の探し方・使い方感想
質問して言葉から人の行動のクセを見つけるプロファイリングを行い、相手が受け入れやすい言葉を使う。より自分の考えを受け取ってもらいやすくする事はコミュニケーションとして大事なこと。とても分かりやすいし、すぐにも実践できそうです。
読了日:2月16日 著者:小林由香
強いリーダーはチームの無意識を動かす強いリーダーはチームの無意識を動かす感想
「スタッフを本気で愛すればテクニックはいらない」と巻末にあるが、愛を伝えるテクニックが満載の本です。重要な事は「相手を観察」する事。自分自身を穏やかに保つ事。その上でちょっとしたコツを掴んで、思いを伝える。「無意識」を意識する事はできるものなのかな?
読了日:2月13日 著者:石井 裕之,橋川 硬児
NLPのことがよくわかり使える本 (アスカビジネス)NLPのことがよくわかり使える本 (アスカビジネス)感想
グリンダー博士の公式代理人によるニューコードNLPの入門書。キリスト教にカトリックとプロテスタントがある様に、NLPにも「宗派」があるのかと興味を持ち読んでみた。殆どが今迄学んだ事で、分かりやすい本だった。「自分達以外は正しくない」という姿勢が僅かに感じられるが、何を学ぶ以上に「誰と学ぶか」が大事なので気にしない事にする。
読了日:2月5日 著者:松島 直也
今日から使える!  「器が小さい人」から抜け出す心理学今日から使える! 「器が小さい人」から抜け出す心理学感想
器の小さい人を動物に例えて、特徴と対策をイラスト満載で解説している。自分にこんな所があるかも…と気づけるならOKか。
読了日:2月5日 著者:ポーポー・ポロダクション
置かれた場所で咲きなさい置かれた場所で咲きなさい感想
「愛をこめて生きる」を奨められて読み、心地良い読後感だったのでこの本も読んだ。 さりげなく素晴らしい生き方をしてみてくださいと言われても、簡単にできません… でも憧れます。
読了日:2月3日 著者:渡辺 和子

読書メーター

[PR]
by taka0030027 | 2013-03-05 20:01 | 読書