「ほっ」と。キャンペーン

ピザ屋の店長 邪悪日誌


by taka0030027

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人生の転機

この春、仙台に異動です。
新たなる挑戦であり、
大いに見聞を広げられる機会です。

距離が離れてしまう友人がいるのは事実ですが、「空は繋がっている」ので、「別れ」ではないと思っています。

札幌や函館の友人には、仙台やその周辺に何があるのかを、紹介しようと思います。

仙台では文化、食や気質など今までも気にしてきた事はもちろん、
今まで以上に「歴史」を感じてみようと思います。
川崎に一年半住んだことはありますが、人生の殆どを、「新しい土地」である北海道で暮らしてきただけに、歴史を体感で感じる機会は少なかった。
そういう部分を大いに刺激しょうかと。

もちろん、仕事量も今までの二倍、責任は四倍かと思っています。

学びの機会も、仙台になれば増えるでしょうし、東京も行動範囲となりますので、積極的に足を運んで、人間としての積極的大きな成長の時期となるはずです。

自分が大きく成長するきっかけとなった函館を離れることは寂しいです。
多くの人と触れ合い、飛躍的に成長できたこの土地を「第二の故郷」とも「魂の故郷」とも呼べます。

残りの日々を、函館への感謝を伝えて、春からのスタートラインに立つ準備をします。
[PR]
by taka0030027 | 2012-02-26 18:23
プレゼントを貰う
プレゼントをあげる

どちらが嬉しいですか?

決まってるよ、貰う方が嬉しいさ…
そう思う人が多いし、間違っているわけでも、悪でもないです。

プレゼントをあげる、
そして喜んだ顔を見る、使って貰う、美味しく食べてもらう。
その方が嬉しいという人も少なからずいるだろうなと、
最近思う様になりました。

仕事で上司に褒められる事、
嫌じゃないですよね、嬉しいですよね。
正しく「承認欲求」が満たされるわけですよね。

では部下を褒める事は嬉しいですか?
私はとても嬉しいです。
現状、褒める事と褒められる事の割合は999対1ですから、
褒める事が楽しくないと、仕事が楽しめないわけです。

褒める事が楽しいという事は、甘やかすとイコールではありません。
むしろ「褒めない人」より、何が良かったか、何が悪かったかがはっきりしています。
良かった=褒める、悪かった=指導する、時には真剣に叱る。

自分は褒められてもなんかしっくりこないのは、
子供の頃から褒められた経験が殆ど無いからでしょう。
「労い」さえあれば生きていけます(笑)
[PR]
by taka0030027 | 2012-02-10 19:35 | コーチング

賞賛、感謝、当たり前

「賞賛」とは「褒めたたえること」
もっともっと「賞賛」しよう。

Aさんに仕事を頼みます。
要望通りしっかり仕事をしてくれました。
あなたはAさんに「感謝」しますか、
それとも「当たり前」と思いますか?

Bさんに仕事を頼みます。
要望した以上の素晴らしい仕事をしてくれました。
あなたはBさんを「賞賛」していますか、
「感謝」していますか、
「当たり前」と思っていますか?

周りを見ると
要望通り…「当たり前」
要望以上…「感謝」
これ位の人が多いのではないでしょうか?

要望通り…「感謝」
要望以上…「賞賛」
1ランクあげてみましょう。

1%でも要望を上回っていたら「賞賛」
「賞賛」されれば、次回は更に上乗せしてくれるでしょう。
「褒めて人を伸ばす」という事ですね。

「当たり前」はとても怖いです。
口にする、または心の中で「当たり前」=100%と思っていても、
受け取る側は「下降線」を辿ります。
「当たり前」でモチベーションは上がりません。
「褒めるほどではない」なら「感謝」
「感謝」なら100%でも、もしくはそれ以下でも出来ますよね。

自分だったら「当たり前」と思われるのと
「賞賛」「感謝」されるのとどちらが良いですか?

自分がされたい方をを実践して、周りをゴキゲンにしてください。
[PR]
by taka0030027 | 2012-02-10 07:29 | コーチング

何で覚えてもらいたいか

今年のモットーは
「周りをゴキゲンにする、自分もゴキゲンになる」

この人といると居心地が良い、
この人といると元気がでる、
この人と仕事をするとやる気が出る、
この人と一緒に勉強するとリラックスして学べる、

そう周りが感じてくれれば、自分にもゴキゲンが巡ってくる。

自分がして欲しい事を、他人にする。

クレーム処理をしながら、この人寂しいのだろうなと思いながら話を延々と聴いた、OFFでした。
[PR]
by taka0030027 | 2012-02-03 21:13 | NLP