ピザ屋の店長 邪悪日誌


by taka0030027

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

全国第二位

何が全国第二位かというと、
全国216店舗で競う大会で、
自分の担当店舗が入賞したのです。
この上ない喜びです。
店長が覚醒したのです。

競技はいくつかあるのですが、その一つが「推奨販売」です。
「ご一緒に○○は如何でしょうか?」というアレです。
店長一人が行うのは簡単です(中にはできない店長もいますが)
時給で働くアルバイトと一緒に盛り上げる事が難しいのです。
直接実入りが良くなくなるわけではなく、「名誉」の為に戦うか、楽しんでゲーム感覚で仕事をする事を理解し実行させなくてはなりません。

正社員にやってもらう事ですら骨が折れるのに、アルバイトにやってもらう事がどれだけ難しいか…

店長には
1,どの様な成果を出したいか(目標)
2,その成果が三年後、十年後の自分のキャリアにどの様に影響するか

この二点をしつこい位尋ね続けました。
そして進捗状況をできる限り表やグラフに見せ、それらを「戦える気持ち」に結びつくように話のネタにし続けました。

11月に担当してから、店長は「コミュニケーションが苦手」と口にしてばかりでした。
苦手な人が、アルバイトと一緒に名誉の戦いができる筈はありません。
この戦いで苦手を克服したのです。
克服したことをアピールするには最高の舞台となりました。

具体的行動は一切指示はしませんでした。
自ら考えたからやり遂げられたのです。
名誉は全て店長のものです、おめでとう!

「コーチ」としては上出来かな。
認定コーチの資格を取得したことと、NLPを勉強した成果が早速でたと捉えることにします。

最高に「ゴキゲン」です!
[PR]
by taka0030027 | 2012-01-25 18:51 | コーチング

柔道とアンカー

NLP プラクティショナーコース受講してきました。
全8日間の1,2日目でした。

今回の目標設定の中で、最初の一歩に選んだのは「アンカー」です。
本で勉強しても、ピンとこなくて、でも身に付けたいと思っていたからです。

選んだ感情・感覚は、
高校3年生部活で初段を取得した柔道の最後の試合です。厳密には最後では無いのですが、その後の試合の記憶が全くありません。
その試合は団体戦の大将戦。
我が高校は格上の高校相手に奇策をうちました、大将に一番弱い選手を置いて、副将までに勝ってしまおうと考えた訳です。
つまり格上高校の一番強い選手と格下高校の一番弱い私が戦う事になったのです。
仲間達も諦め9割だった筈です。

頭の中が真っ白になったまま試合開始。
組んですぐ「力も技も自分より上」と感じて我に帰りました。
相手はドンドン投げ技を仕掛けてきます。
なんとか凌いでいると相手が前に体勢を崩しました。
人生最大の闘争本能が、相手の襟を相手の首に巻き付けました、「襟締め」です。
これ以上無いくらいの力で締めました。
「早く落ちろ!」心の中で大きな叫び声をあげました。
相手が口から血を吐いて、力が抜けました。
「一本っ!」
審判の声が耳に届いた瞬間、渾身のガッツポーズが無意識に出ました。

そんな心の高ぶりと、肩から腕にかけて力が漲る感覚を、何時でも呼び起こせるように右手首に記憶させました。


そして本日のWebミーティング、
何時もは自分で何を報告しているのか分からなくなる位冷静さや自信が無いのですが、今日は違いました。周りからどう見えようが、自分の心の中は熱く、堂々といていました。
肩から腕にかけて、漲る力を感じました。
いつもとは違う堂々と話す自分がいたはずです。

受講後の最初の一歩は成功しました。
これからも大事な時には「発火」させます。

さて、他の事もドンドン試して「ゴキゲン」になろう。
[PR]
by taka0030027 | 2012-01-23 18:48 | NLP

BAR SLOW LIFE スープカレー

スープカレー 950円

久しぶりで新規開拓です。
BARの隠れメニューにスープカレーがあると以前から噂には聞いていたのですが、
夜に通らない所なので、今まで来た事は無かったのですが、ランチタイムの営業を始めたようです。

隠れメニューらしく、辛さの選択も追加トッピングもありません。
店の雰囲気は、ラマイの一号店の様な隠れ家みたいです。

カレーを見たらなおさらラマイっぽい。
専門店ではない分、丁寧な仕事なので、美味いです。
できればもう少し辛くして食べたいな。
ごちそうさまでした!

BAR SLOW LIFE
函館市富岡町1丁目55-27
0138-85-6229
11:00〜15:00
a0004245_1225396.jpg

[PR]
by taka0030027 | 2012-01-17 11:56 | 函館カレー番長への道

楽と仕事

「楽な仕事」とはどんな仕事だろうか?

労力の割りに成果や報酬を得られる仕事のことではないか?

楽な仕事には二通りあると考える。
一つ目は、考えることによって、効率化し、成果を出しやすくした仕事。

二つ目は、手を抜いたり、周りにぶら下がった仕事。他人に食わせてもらっている。

前者は賢く、後者は愚かで無能。

前者は仕事を「楽しんで」いる。
後者は仕事も人生も楽しんでいるとは言えない。

ゴキゲンの法則
仕事を「楽」にするためには「楽しむ」
[PR]
by taka0030027 | 2012-01-06 08:57 | コーチング

小さな承認

笑顔が爽やかだった
気持ち良い挨拶だった
目配りができて、よく気づいた
工夫できた
元気になれる言葉

小さな承認が、やる気に繋がり
やる気が賞賛に繋がり
成果が出る。

何事も小さなことからスタート。

ゴキゲンの法則
「小さな承認を言葉にして伝える」
[PR]
by taka0030027 | 2012-01-05 18:24 | コーチング

同じこと

部下を持ち、指導したり励ましたり、背中を押したり支えて上げたり…

一番しなくてはならなくて、効果があるのは

「同じことを何度も何度も言い続ける」

簡単なようだが、意外と難しい。
勿論、内容はポジティブに限ります。
ネガティブな事や、感情に任せて出てくる言葉は、自分の品位を下げるだけ。

自分が聞きたい言葉を、気持ちを乗せて、愛を込めて言い続ける。

ゴキゲンの法則
「同じことを言い続ける」
[PR]
by taka0030027 | 2012-01-01 20:10 | コーチング

2011年12月の読書メーター

2011年12月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3196ページ
ナイス数:32ナイス

■日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”
「やったことないで分かるのか?」 余計な前提とか、固定観念とか、思い込みより やって見て、ダメだったらすぐに止める。 「常に考える」 「失敗することはOK、同じ失敗を2度するのはNG」 頭が柔らかくて、痛快な人だ。
読了日:12月30日 著者:山田 昭男
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15454683

■NLP会話力ノート
子供の時に「みんな持ってるから買って」とオモチャをねだったのは「一般化」だ。それ位NLPは身近なものですね。意識して使うとご機嫌になれるスキルです。
読了日:12月30日 著者:加藤聖龍
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15454365

■読むだけで字がうまくなる本 (アスカビジネス)
お気に入りの筆記用具を持つこと、字を角ばらせることは意識していた。平仮名の元になる漢字と比較して、上手く書くコツというのは身につけたい。職場で手に取りやすい所に置いて、自分の字を少しずつ良く見せられるようにしよう。
読了日:12月29日 著者:樺澤 貴子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15439137

■SQ生きかたの知能指数
物凄くボリュームのある本だった。 人と上手く関わり会えるかが大事。 親が子供に正しく接すれば、子供はしっかり育ち 親が時間をかけなかったり、正しくない接し方をすれば、 感情的に不自由な子供に育ち、 さらにその子どもにも、同様な事をする。 簡単に言えば「蛙の子は蛙」になるという事。 TV、携帯電話、Webは、人と接する機会を減らす。 人と接する事により、相手がどう考えるかという事を学べる様になるのだが、人と接する機会が少なくなった人は、相手がどう思うかを想像できなくなる。人と接して感じる能力を上げなくて
読了日:12月28日 著者:ダニエル ゴールマン
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15420658

■愛をこめて生きる―“今”との出逢いをたいせつに (PHP文庫)
読了日:12月25日 著者:渡辺 和子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4569572596

■ルネッサンス ― 再生への挑戦
コーティングの学習の中で、日産は社内でコーチングが盛んな企業であると聞き、本書を読みたいと思っていたのだが、10年前の本だからなのか、書店では見つけられず、某古本屋で105円で見つけた時は嬉しかった。実にシンプルな人だ。分かりやすい道筋を考え優先順位をつける事が基本のマネジメント。風習とか前提に捕らわれることなく、正しいと思ったら迷わず進む。人の器の大小は、殻を破る能力で決まるのではないかと考えさせられた。
読了日:12月14日 著者:カルロス・ゴーン
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15168086

■柿安の食べ物商売心得帖
著者には海外研修で同じ班で、僅な機会ではあるがお話を聞かせてもらった事があります。 その時も「惣菜は並べ方で、売れたり売れなかったりする」と仰っていました。その研修旅行の中で一番印象に残った言葉でした。 もっともその時はあまりにも無知で、著者については勿論、柿安本店すら知らない田舎者でした。 今こうやって著書を読む事ができ、当時の無知を少し埋められた。 当たり前で、なかなかできない事が溢れんばかりに書かれています。 著者から見れば、全くセンスがない人間でしょうが、学べて幸せです。
読了日:12月11日 著者:赤塚 保
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15113074

■アルバイトも熱狂して働き出す ドラマティック★マネジメント
働く人にドラマを、会社にもドラマを作ろうという考え方は共感できた。心理学的なアプローチもあるが、「ドラマ」というキーワードで職場を盛り上げる事は素晴らしいと感じた。 表彰状、入社式、勤続表彰など、「晴れ舞台」は本人を喜ばすだけでなく、憧れを産むのだというのも納得だ。 これはやったもの勝ちですね。
読了日:12月11日 著者:森憲一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15099747

■ロバート・ディルツ博士のNLPコーチング
我々が一般に学ぶ「コーチング」はこの書でいうところの「狭義のコーチング」であり、この書全体で書かれている「広義のコーチング」は正にNLPそのもの。という事は我々が学び実践している「コーチング」はNLPの一部であり、コーチングを実践する為にはNLPのスキルは有効、いや不可欠なのだと改めて分かった。 内容はかなり難しかった。今まで学んだこと、実践したワークもあったのは、今まさに自分が学びの入口にいるのだと実感させられる。 まるで教科書の様な本なので、今後は必要な時に必要な箇所を復習する事になるだろう。
読了日:12月10日 著者:ロバート・ディルツ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15092216

■リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと
ホテルマンはEQが高い人達が多いのだろうなと想像していたが、その中でもリッツ・カールトンはCS(顧客満足)もES(従業員満足)を同等に考え、感性を磨き、プライドを持って仕事をしている代表的なホテルなのだと思った。人をよく観察し、目を配り、心を配る事はホテル業界に限らず、どのような場面でもできると仕事の能力も上がり、プライベートも充実すると思う。
読了日:12月09日 著者:林田 正光
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15080749

■EQ入門―対人能力の磨き方 (日経文庫)
EQとは、相手の感情を理解し、自分の感情をコントロールする能力と解釈した。 その教科書のような本であった。 EQ を意識すれば、空気が読める人になり、気を配れる人になり、頼りがいがある人になり、対人関係で得をすることができる。何より仕事も私生活も充実させることができる。 この本を基礎として、同類の本を読んでみようと思う。 また、ヒントを探す教科書や参考書としても使おう。 再読~ EQは、感情をコントロールして自分と周りをゴキゲンにするという点から、NLPに近い。違いは何かと考えたが、「EQが高い」とい
読了日:12月08日 著者:高山 直
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15061112

■今すぐ「言葉」を変えましょう (Nanaブックス)
オーディオブックで購入。 セルフイメージが大事、なりたい自分を「声にする」事でセルフイメージに近づける。簡単だから直ぐに実行、いや結構今までもできているな。 思い通りにいかなくなかったら「これでいいのだ」、まるでバカボンパパのようだが、意外とこれは良いかも。
読了日:12月06日 著者:佐藤由紀
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15026132

■地域密着が成功の鍵! 日本一のチームをつくる
ドラフトでくじ運強かったというイメージが強いが、ただのこぼれ話や裏話だけでない。ファイターズという球団を、ぬるま湯から当たり前の「黒字」の企業にするという話。他の球団は「当たり前」じゃないという考えが著者にはあるようですが、「経営者」としてはファイターズが正しい感覚だと思う。
読了日:12月02日 著者:藤井 純一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/14948554


▼2011年12月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/131310/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
[PR]
by taka0030027 | 2012-01-01 19:28 | 読書

2012

あけましておめでとうございます、素敵な一年にしましょう!

今年の目標は、「周りの人達をゴキゲンにする」です。

相手の自己重要感を満たしたい。
「この人と一緒にいると元気がでる」と言われたい。

その為の勉強と投資を徹底的にする一年にします。
[PR]
by taka0030027 | 2012-01-01 07:37 | コーチング