ピザ屋の店長 邪悪日誌


by taka0030027

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「承認」=プライスレス!!!

やったもの勝ちですよね!

タダなんだから、やれば良いのに。
[PR]
by taka0030027 | 2011-11-29 16:06 | コーチング

スターバックス

スタッフが幸せそうに働いています。
特別高い報酬で働いているとは思えません。
強制されて幸せを演じているとも思えません。
a0004245_10395845.jpg

では、何故幸せそうに働いているのでしょうか?
きっと「承認」されまくっているからではないでしょうか。
スタッフ同士で承認。
お客様さまから承認。

だから心に余裕がある。
気配りも
目配りも
心配りも
全てが幸せそうな振る舞いに見える。

CS(顧客満足)とES(従業員満足)に溢れている空間。

だからお客様にも従業員にも愛される。

羨ましい…
目指すところはここだ。
[PR]
by taka0030027 | 2011-11-29 10:29 | コーチング

上司とプログラム

落ち込み気味です。

本社へのレポートに「指示、指導が足りない」と添削が入りました。

「指示、指導」より「考えて自分でやる事を決める」事が成果を出すと信じて部下に接する中で、自分のやり方の「否定」なわけです。

やり方は変えない、報告書の書き方を工夫しよう。
部下のやりがいと成果の為に、工夫しよう。

改めて自分の中に「上司は自分を否定するもの」というプログラムがある事をみつけた。

人の話を聴かず、人格や生き方まで否定した前の職場の上司が原因なのは分かっている。

その人を反面教師とし、自分の理想とする上司像、人間像に近づく為に、コーチングやNLPを勉強しているのだ。

克服しなくてはいけない「上司は自分を否定する」というプログラム、焦らず勉強して、自分を見つめていこう。

今ならできる。
[PR]
by taka0030027 | 2011-11-24 14:30 | NLP

スーパー北斗と思い込み

スーパー北斗のトイレって結構揺れるんですね。とても真っ直ぐ立っていられません。

でも恐怖感はありません。
何故なら「鉄道は怖くない」という思い込みがあるからです。

同じ位の揺れが飛行機のトイレの中であったら…

物凄い恐怖感を感じ、吐き気をもよおすかもしれません。
それは「飛行機が怖い」という思い込みがあるのですね。

「揺れの大きさ」ではなく、どこにいるか、何に乗っているかで、自分が怖いかどうか決めているのですね。

もし、この揺れを自宅のトイレで感じたら…((((;゚Д゚)))))))
[PR]
by taka0030027 | 2011-11-23 14:33 | NLP

文句

文句を言う=自分では何もしない
[PR]
by taka0030027 | 2011-11-10 22:07 | 言葉

10月は読書の秋でした

10月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3650ページ
ナイス数:10ナイス

コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】~図解TPIEプログラム~コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】~図解TPIEプログラム~
ゴールを設定し、良いイメージを口にする、心の中でつぶやく、イメージする事が、良い人生につながる。どれだけリアルにイメージできるかが大事。
読了日:10月31日 著者:苫米地英人
コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくるコーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる
まさにコーチングのバイブル。今まで学んできたことがほぼ網羅されている、しかも分かりやすい。入門書には少し難しいが必要なことは余すところなく書かれているので、これからも何度も読み返すことだろう。
読了日:10月28日 著者:伊藤 守
リーダーが身につけたい25のことリーダーが身につけたい25のこと
この25のことは本気で身につけたい。書き出して携帯して頻繁に見直す。仕事を続ける限り読み返す。
読了日:10月27日 著者:鈴木 義幸
はじめてのロジカルシンキング―3つのステップで考える!はじめてのロジカルシンキング―3つのステップで考える!
物凄くわかりやすかった、入門書には最適です。 メインメッセージを主語プラス述語で考える。 3本のキーラインメッセージも主語プラス述語で表現する。 まずはこれだけでもしっかりやってみよう。 そしてまた読み直そう。
読了日:10月26日 著者:渡辺 パコ
5000人を変えた! 話し方の新・習慣775000人を変えた! 話し方の新・習慣77
「ソ」の音階で話す事はすぐにも使えるテクニックですね。一つでも多く使って、話し方で得をしたい。また読み返そう。
読了日:10月25日 著者:野村絵理奈
自分とまわりを変える魔法のNLP実践トレーニング (アスカビジネス)自分とまわりを変える魔法のNLP実践トレーニング (アスカビジネス)
読了日:10月24日 著者:椎名 規夫
人を動かす力 (アスカビジネス)人を動かす力 (アスカビジネス)
「褒める」という好意すら「上から目線」という考え方は盲点だった。著者自身の失敗から導かれたものばかりで、物凄い説得力だ。人に「寄り添う」という事が、いかに大事で、いかにできていないかを思いしらされた。著者から講座で学ぼうという気持ちが、さらに強まった。
読了日:10月19日 著者:椎名 規夫
チャンスをつかむ人、ピンチをつかむ人チャンスをつかむ人、ピンチをつかむ人
チャンスとピンチは表裏一体、チャンスと捉えて動いた者勝ちという事。軽い本だけどピンチと感じたら再読しよう。自分がぶれそうになった時に読む本になった。
読了日:10月15日 著者:松田 公太
自分を超える法自分を超える法
成功者の講演会を聞いているような、テンポが良い良書。 自分は人の成長・目標達成を応援することで「貢献」する事を生きがいとしているが、あまりお金というか報酬は考えた事はなかった。良いとか悪いとかではなく無頓着だった。 これからは「貢献」することの評価として報酬・収入が増えることを素直に喜ぼう。 まずは「不安定感」を楽しみたい。
読了日:10月15日 著者:ピーター・セージ
手にとるようにNLPがわかる本手にとるようにNLPがわかる本
コーチングを勉強していた時に出てきたNLPを勉強してみようと思いました。 人との良いコミュニケーションをとる為には大変有効なスキルです。 コーチングの中で使えるスキルも多々ありました。 NLPとコーチングは、柔術と柔道みたいな感じです。 第7章は、NLPのルーツの一部である催眠療法の色が濃い話で、いずれは身につけたいとは思いますが、まずは言葉や質問の使い方を深めたい。
読了日:10月13日 著者:加藤 聖龍
ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門
正しく「入門」、軽く読めます。 ロジカル(垂直)とは一味違うラテラル(水平)思考が、世の中の至る所にあり、それらは思わず唸りたくなる事や感心する事である。 ラテラル思考の1000本ノック…の様な本が続編で出ないものかと期待します。
読了日:10月12日 著者:木村 尚義
MBQマネジメント・バイ・クエスチョンMBQマネジメント・バイ・クエスチョン
質問を上手く利用して、部下の成長を促進させる事について、理論と実例で分かりやすく説明されている。質問を上手く使った方が自律し、やり甲斐を感じながら仕事ができる。社内文化として定着させられたら会社は強くなる。
読了日:10月10日 著者:堀 公俊
準備する力  夢を実現する逆算のマネジメント準備する力 夢を実現する逆算のマネジメント
しっかり考えて行動する人だなという印象。 タイトルである「準備」については殆ど触れられていない。 「逆算のマネジメント」という言葉は何度も出てくるが、 とってつけたような印象。 だからといって彼が平凡な選手であるとか、本の内容が つまらないという事ではない。 むしろ日本の歴代代表のGKの中でも、上位もしくはトップなのではないかと思えるだけのサッカー人生が読めた事は、今後の川島選手の活躍から目が離せなくなった。
読了日:10月08日 著者:川島 永嗣
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
まず自分の強み(才能)を見つける。 そしてその強みを伸ばす事が大事。 弱点を補強する事より大事。 企業が強くなるためには、社員の強みを理解し、 正しく配置する事が重要。 自分は「成長促進」「内省」「最上志向」「親密性」 「適応性」 今のポジションは悪くない。
読了日:10月07日 著者:マーカス バッキンガム,ドナルド・O. クリフトン

2011年10月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]
by taka0030027 | 2011-11-01 19:15 | 読書