「ほっ」と。キャンペーン

ピザ屋の店長 邪悪日誌


by taka0030027

カテゴリ:読書( 30 )

4月に読んだ本

4月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1650ページ
ナイス数:20ナイス

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙
プライド、苦悩、恐怖。新聞を作り、輸送し、配達する人々の生々しい感情が溢れてくる。伝えるプロが書く文章なので大変読みやすいのに、なかなか読み進まない。まるで自分の脳が擬似体験しないように防御しているかのようだった。共感すらできない、ただ受けとめるだけ。それでも読んで良かった。
読了日:04月30日 著者:河北新報社
結果を出しながら人を育てる上司の魔法結果を出しながら人を育てる上司の魔法
3冊目の著書、ブレは無い。 それぞれの項目のタイトルと、項目の最後にある「check」を読み返すと復習できる。 人とのかかわり方で大事なことが、職場の上司部下の関係でも大事である。 本格的に著者が学んだかはかかれていないが、コーチングのスキルがふんだんに出てくる。体験から身に付けたものだろうか。 著者のようなドラマチックな仕事を目指したい。
読了日:04月27日 著者:黒岩 禅
部下を持つ人のコーチング入門部下を持つ人のコーチング入門
職場内で人間関係を良好にするスキルが満載。 コミュニケーションを軽視しない事、 コミュニケーションは「受け手」がどう捉えるかが問題。 「話すこと=コミュニケーション」ではない。 部下の話を真剣に聴けるよう、実践していこう。
読了日:04月24日 著者:伊藤 守
脳と言葉を上手に使う NLPの教科書脳と言葉を上手に使う NLPの教科書
分かりやすい。実際にセミナーで話している様な例え、イラスト、色使い、どのページと関連しているか、工夫が散りばめられている。初めての人が、NLPとはどういうモノか知るには最適、習ったことを復習するにも良かった。NLPに興味がある人が身近にいたら、先ずは読んで貰いたい一冊。
読了日:04月21日 著者:前田 忠志
仙台ぐらし仙台ぐらし
半年ほど前に「ゴールデン・スランバー」のDVDを借りた。 その日にケーブルテレビで偶然「重力ピエロ」を見た。 その時にすでに仙台に引き寄せられていたのだと、今なら思える。 その著者の伊坂幸太郎氏のエッセイ。 小説ではなんとなく心のダークサイドとかを扱っている様な感じを受けていたが、エッセイではとてもほのぼのしているというか、心の弱さすらさらけ出して笑いにしているのは以外だった。 気になる作家の一人になりました。
読了日:04月18日 著者:伊坂 幸太郎
売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法
羨ましい。 従業員を、お客様を、家族を幸せにする事に、時間を惜しんで仕事ができることは素晴らしい。 せっかく仙台に移り住んだのだから、実際に行ってみる。 名物の秋保おはぎ、惣菜を食べてみる。 そして従業員の幸せそうな働きぶりを感じてきたい。
読了日:04月10日 著者:佐藤啓二
話さなくても相手がどんどんしゃべりだす 「聞くだけ」会話術 ――気まずい沈黙も味方につける6つのレッスン話さなくても相手がどんどんしゃべりだす 「聞くだけ」会話術 ――気まずい沈黙も味方につける6つのレッスン
NLP版「もしドラ」です。NLPのスキルの中から「聴くスキル」をドラマ仕立てで学べる本。分かりやすいことこの上ない。そのうち漫画とかドラマになりそうですね。
読了日:04月03日 著者:松橋 良紀

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]
by taka0030027 | 2012-05-01 20:02 | 読書

2011年12月の読書メーター

2011年12月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3196ページ
ナイス数:32ナイス

■日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”
「やったことないで分かるのか?」 余計な前提とか、固定観念とか、思い込みより やって見て、ダメだったらすぐに止める。 「常に考える」 「失敗することはOK、同じ失敗を2度するのはNG」 頭が柔らかくて、痛快な人だ。
読了日:12月30日 著者:山田 昭男
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15454683

■NLP会話力ノート
子供の時に「みんな持ってるから買って」とオモチャをねだったのは「一般化」だ。それ位NLPは身近なものですね。意識して使うとご機嫌になれるスキルです。
読了日:12月30日 著者:加藤聖龍
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15454365

■読むだけで字がうまくなる本 (アスカビジネス)
お気に入りの筆記用具を持つこと、字を角ばらせることは意識していた。平仮名の元になる漢字と比較して、上手く書くコツというのは身につけたい。職場で手に取りやすい所に置いて、自分の字を少しずつ良く見せられるようにしよう。
読了日:12月29日 著者:樺澤 貴子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15439137

■SQ生きかたの知能指数
物凄くボリュームのある本だった。 人と上手く関わり会えるかが大事。 親が子供に正しく接すれば、子供はしっかり育ち 親が時間をかけなかったり、正しくない接し方をすれば、 感情的に不自由な子供に育ち、 さらにその子どもにも、同様な事をする。 簡単に言えば「蛙の子は蛙」になるという事。 TV、携帯電話、Webは、人と接する機会を減らす。 人と接する事により、相手がどう考えるかという事を学べる様になるのだが、人と接する機会が少なくなった人は、相手がどう思うかを想像できなくなる。人と接して感じる能力を上げなくて
読了日:12月28日 著者:ダニエル ゴールマン
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15420658

■愛をこめて生きる―“今”との出逢いをたいせつに (PHP文庫)
読了日:12月25日 著者:渡辺 和子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4569572596

■ルネッサンス ― 再生への挑戦
コーティングの学習の中で、日産は社内でコーチングが盛んな企業であると聞き、本書を読みたいと思っていたのだが、10年前の本だからなのか、書店では見つけられず、某古本屋で105円で見つけた時は嬉しかった。実にシンプルな人だ。分かりやすい道筋を考え優先順位をつける事が基本のマネジメント。風習とか前提に捕らわれることなく、正しいと思ったら迷わず進む。人の器の大小は、殻を破る能力で決まるのではないかと考えさせられた。
読了日:12月14日 著者:カルロス・ゴーン
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15168086

■柿安の食べ物商売心得帖
著者には海外研修で同じ班で、僅な機会ではあるがお話を聞かせてもらった事があります。 その時も「惣菜は並べ方で、売れたり売れなかったりする」と仰っていました。その研修旅行の中で一番印象に残った言葉でした。 もっともその時はあまりにも無知で、著者については勿論、柿安本店すら知らない田舎者でした。 今こうやって著書を読む事ができ、当時の無知を少し埋められた。 当たり前で、なかなかできない事が溢れんばかりに書かれています。 著者から見れば、全くセンスがない人間でしょうが、学べて幸せです。
読了日:12月11日 著者:赤塚 保
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15113074

■アルバイトも熱狂して働き出す ドラマティック★マネジメント
働く人にドラマを、会社にもドラマを作ろうという考え方は共感できた。心理学的なアプローチもあるが、「ドラマ」というキーワードで職場を盛り上げる事は素晴らしいと感じた。 表彰状、入社式、勤続表彰など、「晴れ舞台」は本人を喜ばすだけでなく、憧れを産むのだというのも納得だ。 これはやったもの勝ちですね。
読了日:12月11日 著者:森憲一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15099747

■ロバート・ディルツ博士のNLPコーチング
我々が一般に学ぶ「コーチング」はこの書でいうところの「狭義のコーチング」であり、この書全体で書かれている「広義のコーチング」は正にNLPそのもの。という事は我々が学び実践している「コーチング」はNLPの一部であり、コーチングを実践する為にはNLPのスキルは有効、いや不可欠なのだと改めて分かった。 内容はかなり難しかった。今まで学んだこと、実践したワークもあったのは、今まさに自分が学びの入口にいるのだと実感させられる。 まるで教科書の様な本なので、今後は必要な時に必要な箇所を復習する事になるだろう。
読了日:12月10日 著者:ロバート・ディルツ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15092216

■リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと
ホテルマンはEQが高い人達が多いのだろうなと想像していたが、その中でもリッツ・カールトンはCS(顧客満足)もES(従業員満足)を同等に考え、感性を磨き、プライドを持って仕事をしている代表的なホテルなのだと思った。人をよく観察し、目を配り、心を配る事はホテル業界に限らず、どのような場面でもできると仕事の能力も上がり、プライベートも充実すると思う。
読了日:12月09日 著者:林田 正光
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15080749

■EQ入門―対人能力の磨き方 (日経文庫)
EQとは、相手の感情を理解し、自分の感情をコントロールする能力と解釈した。 その教科書のような本であった。 EQ を意識すれば、空気が読める人になり、気を配れる人になり、頼りがいがある人になり、対人関係で得をすることができる。何より仕事も私生活も充実させることができる。 この本を基礎として、同類の本を読んでみようと思う。 また、ヒントを探す教科書や参考書としても使おう。 再読~ EQは、感情をコントロールして自分と周りをゴキゲンにするという点から、NLPに近い。違いは何かと考えたが、「EQが高い」とい
読了日:12月08日 著者:高山 直
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15061112

■今すぐ「言葉」を変えましょう (Nanaブックス)
オーディオブックで購入。 セルフイメージが大事、なりたい自分を「声にする」事でセルフイメージに近づける。簡単だから直ぐに実行、いや結構今までもできているな。 思い通りにいかなくなかったら「これでいいのだ」、まるでバカボンパパのようだが、意外とこれは良いかも。
読了日:12月06日 著者:佐藤由紀
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15026132

■地域密着が成功の鍵! 日本一のチームをつくる
ドラフトでくじ運強かったというイメージが強いが、ただのこぼれ話や裏話だけでない。ファイターズという球団を、ぬるま湯から当たり前の「黒字」の企業にするという話。他の球団は「当たり前」じゃないという考えが著者にはあるようですが、「経営者」としてはファイターズが正しい感覚だと思う。
読了日:12月02日 著者:藤井 純一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/14948554


▼2011年12月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/131310/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
[PR]
by taka0030027 | 2012-01-01 19:28 | 読書

柿安の食べ物商売心得帖

柿安の食べ物商売心得帖

赤塚 保 / エフビー

スコア:


著者には海外研修で同じ班で、僅な機会ではあるがお話を聞かせてもらった事があります。 その時も「惣菜は並べ方で、売れたり売れなかったりする」と仰っていました。その研修旅行の中で一番印象に残った言葉でした。 もっともその時はあまりにも無知で、著者については勿論、柿安本店すら知らない田舎者でした。 今こうやって著書を読む事ができ、当時の無知を少し埋められた。 当たり前で、なかなかできない事が溢れんばかりに書かれています。 著者から見れば、全くセンスがない人間でしょうが、学べて幸せです。
[PR]
by taka0030027 | 2011-12-11 20:17 | 読書

インスタント経験?

色々な経験をする事は人生を豊かにする。
楽しい事をする為に生きている…かもしれない。
でも難しい事、苦しい事は成長させてくれる。

でも自分がやりたい経験を全てはできない。

宇宙に行く事
歴史をさかのぼる事
大きな会社の創業者になる事
世界的なアスリートになる事

どれもちょっとムリ。

でも「読書」はインスタント経験。

宇宙に行ったフリ
歴史上の一場面を覗く
スティーブ ジョブスになりきる
イチローの側に寄り添う

そんな事が僅な投資でできる。
読書しないって勿体無い。

もっとインスタント経験しよう。
[PR]
by taka0030027 | 2011-12-08 22:42 | 読書

11月に読んだ本

2011年11月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2340ページ
ナイス数:34ナイス
2011年11月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2340ページ
ナイス数:34ナイス

▼11月に読んだ本一覧
http://book.akahoshitakuya.com/u/131310/matome▼11月に読んだ本一覧
http://book.akahoshitakuya.com/u/131310/matome?invite_id=131310
[PR]
by taka0030027 | 2011-12-01 19:40 | 読書

10月は読書の秋でした

10月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3650ページ
ナイス数:10ナイス

コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】~図解TPIEプログラム~コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】~図解TPIEプログラム~
ゴールを設定し、良いイメージを口にする、心の中でつぶやく、イメージする事が、良い人生につながる。どれだけリアルにイメージできるかが大事。
読了日:10月31日 著者:苫米地英人
コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくるコーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる
まさにコーチングのバイブル。今まで学んできたことがほぼ網羅されている、しかも分かりやすい。入門書には少し難しいが必要なことは余すところなく書かれているので、これからも何度も読み返すことだろう。
読了日:10月28日 著者:伊藤 守
リーダーが身につけたい25のことリーダーが身につけたい25のこと
この25のことは本気で身につけたい。書き出して携帯して頻繁に見直す。仕事を続ける限り読み返す。
読了日:10月27日 著者:鈴木 義幸
はじめてのロジカルシンキング―3つのステップで考える!はじめてのロジカルシンキング―3つのステップで考える!
物凄くわかりやすかった、入門書には最適です。 メインメッセージを主語プラス述語で考える。 3本のキーラインメッセージも主語プラス述語で表現する。 まずはこれだけでもしっかりやってみよう。 そしてまた読み直そう。
読了日:10月26日 著者:渡辺 パコ
5000人を変えた! 話し方の新・習慣775000人を変えた! 話し方の新・習慣77
「ソ」の音階で話す事はすぐにも使えるテクニックですね。一つでも多く使って、話し方で得をしたい。また読み返そう。
読了日:10月25日 著者:野村絵理奈
自分とまわりを変える魔法のNLP実践トレーニング (アスカビジネス)自分とまわりを変える魔法のNLP実践トレーニング (アスカビジネス)
読了日:10月24日 著者:椎名 規夫
人を動かす力 (アスカビジネス)人を動かす力 (アスカビジネス)
「褒める」という好意すら「上から目線」という考え方は盲点だった。著者自身の失敗から導かれたものばかりで、物凄い説得力だ。人に「寄り添う」という事が、いかに大事で、いかにできていないかを思いしらされた。著者から講座で学ぼうという気持ちが、さらに強まった。
読了日:10月19日 著者:椎名 規夫
チャンスをつかむ人、ピンチをつかむ人チャンスをつかむ人、ピンチをつかむ人
チャンスとピンチは表裏一体、チャンスと捉えて動いた者勝ちという事。軽い本だけどピンチと感じたら再読しよう。自分がぶれそうになった時に読む本になった。
読了日:10月15日 著者:松田 公太
自分を超える法自分を超える法
成功者の講演会を聞いているような、テンポが良い良書。 自分は人の成長・目標達成を応援することで「貢献」する事を生きがいとしているが、あまりお金というか報酬は考えた事はなかった。良いとか悪いとかではなく無頓着だった。 これからは「貢献」することの評価として報酬・収入が増えることを素直に喜ぼう。 まずは「不安定感」を楽しみたい。
読了日:10月15日 著者:ピーター・セージ
手にとるようにNLPがわかる本手にとるようにNLPがわかる本
コーチングを勉強していた時に出てきたNLPを勉強してみようと思いました。 人との良いコミュニケーションをとる為には大変有効なスキルです。 コーチングの中で使えるスキルも多々ありました。 NLPとコーチングは、柔術と柔道みたいな感じです。 第7章は、NLPのルーツの一部である催眠療法の色が濃い話で、いずれは身につけたいとは思いますが、まずは言葉や質問の使い方を深めたい。
読了日:10月13日 著者:加藤 聖龍
ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門
正しく「入門」、軽く読めます。 ロジカル(垂直)とは一味違うラテラル(水平)思考が、世の中の至る所にあり、それらは思わず唸りたくなる事や感心する事である。 ラテラル思考の1000本ノック…の様な本が続編で出ないものかと期待します。
読了日:10月12日 著者:木村 尚義
MBQマネジメント・バイ・クエスチョンMBQマネジメント・バイ・クエスチョン
質問を上手く利用して、部下の成長を促進させる事について、理論と実例で分かりやすく説明されている。質問を上手く使った方が自律し、やり甲斐を感じながら仕事ができる。社内文化として定着させられたら会社は強くなる。
読了日:10月10日 著者:堀 公俊
準備する力  夢を実現する逆算のマネジメント準備する力 夢を実現する逆算のマネジメント
しっかり考えて行動する人だなという印象。 タイトルである「準備」については殆ど触れられていない。 「逆算のマネジメント」という言葉は何度も出てくるが、 とってつけたような印象。 だからといって彼が平凡な選手であるとか、本の内容が つまらないという事ではない。 むしろ日本の歴代代表のGKの中でも、上位もしくはトップなのではないかと思えるだけのサッカー人生が読めた事は、今後の川島選手の活躍から目が離せなくなった。
読了日:10月08日 著者:川島 永嗣
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
まず自分の強み(才能)を見つける。 そしてその強みを伸ばす事が大事。 弱点を補強する事より大事。 企業が強くなるためには、社員の強みを理解し、 正しく配置する事が重要。 自分は「成長促進」「内省」「最上志向」「親密性」 「適応性」 今のポジションは悪くない。
読了日:10月07日 著者:マーカス バッキンガム,ドナルド・O. クリフトン

2011年10月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]
by taka0030027 | 2011-11-01 19:15 | 読書

カスタマーマニア!

カスタマー・マニア!―世界最大のファストフード企業を再生させた顧客サービス戦略 | 商品情報(書籍)

Yumは利益と人を大事にする事を両立させる事を目標とし、
人=お客様に対して「カスタマーマニア」になろう、お客様を喜ばせる事が仕事であるという事を徹底しようとしている。
「人」はお客様だけでなく従業員を含む。
従業員が楽しく働かなくて、お客様を喜ばせる事ができる訳がない。
リーダーは共に働く人々のマニアになり「賞讃」をする事を大前提としなくてはいけない。
お客様と従業員を大事にする事によって利益がでるという事だ。

自分がずっと思い続けていた事がそのまま、これでもかと言うくらい書かれている。
これを定着させる能力が自分にあれば、これから数十年仕事を楽しめるはずだ。
[PR]
by taka0030027 | 2010-09-14 14:53 | 読書
この本を読めば
なぜファイターズが楽しそうで
なぜ強くて
誰が次の監督か
わかります。

a0004245_17513994.jpg
メンタル・コーチング 潜在能力を最高に発揮させるたったひとつの方法 | 商品情報(書籍)

昨年日本一になったのにもかかわらず、ファイターズ関連本が少ないこと。
一昨年のマリーンズの時は監督本や裏方さんの本を読んだ。
何でこんなに少ないのだ?と思っていたらやっとでました。

白井ヘッドコーチは
ファイターズ選手→引退後アメリカで野球を勉強→ファイターズ2軍監督→1軍ヘッドコーチ
という経歴で、2軍を最下位から1位に、
そして昨年は言うまでもなく日本一に貢献していたわけであります。

選手との裏話についての本かと思っていたが大きく裏切られました。

この本で学んだこと
上司(コーチ)には部下(選手)を怒る権利はない。
怒ることを仕事と思っている人は能力なし、萎縮させ能力を発揮させないだけ。
部下(コーチ)の話し相手になり、考えさせ実践させる。
教えること(ティーチング)とコーティングは違う。


自分が店長としてアルバイトを使う時に
怒ってはいけない
バイトに考えさせる
足りない技術、能力を必要によって教える


以上を実践しよう。
怒ることは仕事をしていることにはならないと肝に銘じよう。

怒ること、人のあら捜しが仕事だと思っている人間とは仕事をしたくないから。

>>以前にこんな記事も書いていたことだし・・・
[PR]
by taka0030027 | 2007-09-10 01:00 | 読書
a0004245_19303953.jpg風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

話し合うことによりアイデアを出し、実現していく。
思い付きを上意下達

社長として名詞を配って握手なんて意味がない
会社外に威張る

こんな社長が作る豆腐の説明書みたいな本。

より美味しく食べられます。

仕事ができる人は、違うんだなと・・・
[PR]
by taka0030027 | 2006-10-06 19:36 | 読書
a0004245_2159418.jpg磯山さやかの「女子マネ」野球主義! | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

昨年CSフジでスワローズ戦を観た時
実況がいなくて、シロウトの女の子が解説者と喋っているなんとも斬新な放送にびっくりしたものである。

そのシロウトがグラビアアイドルだと知るにはしばらく時間がかかった。

野球にどうかかわってきて、これからどうかかわっていきたいかがわかります。

熱闘甲子園にも念願かなってでることができたらしいし、以外と近い将来大物になるかも。
[PR]
by taka0030027 | 2006-10-04 21:59 | 読書