「ほっ」と。キャンペーン

ピザ屋の店長 邪悪日誌


by taka0030027

2014年4月の読書メーター

2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:965ページ
ナイス数:37ナイス

北海道ルール北海道ルール感想
仙台から札幌に帰ってきて読んでみた。「仙台ルール」を読んだ時は「へぇ〜」だったけど、流石に根っから道産子なので「そうそう!」だった。どこだって住めば都だよ。
読了日:4月21日 著者:都会生活研究プロジェクト[北海道チーム]
アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉感想
自己信頼、他者信頼ができていなくて他者貢献をしようとしているから苦しいのかと反省。もっと今の自分を好きになろう!
読了日:4月20日 著者:小倉広
絶対エース育成論 ~なぜ田中将大は24連勝できたのか?絶対エース育成論 ~なぜ田中将大は24連勝できたのか?感想
ダルビッシュと田中将大を育てた名投手コーチ。良い投手の条件、指導方法には納得。これからイーグルスでどのようなピッチャーが出てくるのか楽しみ。そして育てたピッチャーがMLBのタイトル争いをするのが楽しみ。日本の育成方法の方が上なんだよ…そんな声が聞ける日が来るはず。
読了日:4月20日 著者:佐藤義則
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え感想
トラウマなどなく、過去を言い訳にしているだけなのか。目的論で考える。すべての悩みは「対人関係の悩み」…全くその通り。課題の分離…他人の課題と自分の課題を分けることで、他人の期待ではなく自分にOKを出す。承認欲求とは、人間関係を縦のモノにする。横のモノであれば上下はいらない。だから叱るのもほめるのもいけない。自己受容、他者信頼、他者貢献で「いま、ここ」を真剣に生きる…それが人生の意味。自分は他者貢献をしようと生きてきたが、自己受容と他者信頼ができていないから上手く出来ていなかったのか。
読了日:4月6日 著者:岸見一郎,古賀史健

読書メーター
[PR]
# by taka0030027 | 2014-05-02 21:46

2014年1月の読書メーター

2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2169ページ
ナイス数:84ナイス

ホスピタリティの教科書ホスピタリティの教科書感想
サービス業のプロって「そこまでやるか!」と思わせる人。期待通り、100%は満足。それを超えて「感動」になる。感動させようとして感動させる…ではなく、自分のさりげなさで感動してもらえる人間になりたい。
読了日:1月30日 著者:林田正光
幸福な生活 (祥伝社文庫)幸福な生活 (祥伝社文庫)感想
そうきたか…ってオチを楽しめる短編集。難しい事考えないでドキドキ感を楽しめる。
読了日:1月30日 著者:百田尚樹
もう「いい人」になるのはやめなさいもう「いい人」になるのはやめなさい感想
オーディオブック。いい人で損してるな、間違いない。いい男を目指したい、そんな最初の一歩。
読了日:1月30日 著者:潮凪洋介
阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)感想
人はそれぞれの思いを持っていて、みんなが主人公。気持ち良く、くすぐったい人達が入れ替わり出てきて、繋がったり…読後に観た映画も素敵でした。
読了日:1月21日 著者:有川浩
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法感想
寝る前に読むと前向きになれて癒される。気軽なのがイイですね。
読了日:1月21日 著者:水野敬也,長沼直樹
私が見た最高の選手、最低の選手私が見た最高の選手、最低の選手感想
最低の選手を語るような下世話な事はなく、良い選手、監督について今までの著書で書かれた事を最新のデータに更新して書かれた本、納得できる事が多かった。
読了日:1月21日 著者:野村克也
NASAより宇宙に近い町工場NASAより宇宙に近い町工場感想
可能性を奪う事って罪だなと思う。
「だったらこうしてみたら?」
できる人って可能性を信じて前へ進む人なんですね。
読了日:1月21日 著者:植松努
グラゼニ(2) (モーニングKC)グラゼニ(2) (モーニングKC)
読了日:1月17日 著者:アダチケイジ
グラゼニ(3) (モーニングKC)グラゼニ(3) (モーニングKC)
読了日:1月17日 著者:アダチケイジ
長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)感想
ふくらはぎを揉んでみたら、酷い肩こりが楽になった。続ける価値ありです!
読了日:1月6日 著者:槙孝子

読書メーター
[PR]
# by taka0030027 | 2014-02-01 22:42

2013年12月の読書メータ

2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1469ページ
ナイス数:54ナイス

グラゼニ (1)グラゼニ (1)感想
プロ野球界の裏側というか、綺麗事じゃない部分が面白い。
夢がある仕事である反面、とても厳しい世界ですね。
読了日:12月27日 著者:森高夕次,アダチケイジ
野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くか野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くか感想
まさにリアルタイムの選手、試合を通じて、今までの野村氏の著作を復習する本。
もう一回監督やらないかな〜
読了日:12月18日 著者:野村克也
人生はワンチャンス!   ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法人生はワンチャンス! ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法感想
寝る前にベッドの中で読みました。良い事を考えて寝よう…そんな気持ちになれますね。心が暖かくなる写真が沢山でした。
読了日:12月13日 著者:水野敬也,長沼直樹
進撃の巨人(12) (講談社コミックス)進撃の巨人(12) (講談社コミックス)感想
なんか話がほとんど進んでいない?
読了日:12月13日 著者:諫山創
「人」や「チーム」を上手に動かす NLPコミュニケーション術 (アスカビジネス)「人」や「チーム」を上手に動かす NLPコミュニケーション術 (アスカビジネス)感想
読んでいる時は納得、でも強烈な印象は無かった。無意識が覚えて実践してくれるかな。
読了日:12月8日 著者:山崎啓支
最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 (幻冬舎文庫)最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 (幻冬舎文庫)感想
イーグルスの則本投手の憧れの投手として名前を聞く機会があったので読んでみました。もし生きていてら親友の森脇バファローズ監督に呼ばれて投手コーチをしていたんだろうな… 優しい気持ちになれる話でした。
読了日:12月3日 著者:津田晃代

読書メーター
[PR]
# by taka0030027 | 2014-01-07 07:08

2013年11月の読書メーター

2013年11月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1800ページ
ナイス数:68ナイス

モンスター (幻冬舎文庫)モンスター (幻冬舎文庫)感想
性格は周りからの扱われ方で影響すると思う。すごい、できる、さすが…と接してくれる人が多ければ、優秀な人になるかもしれないし、ダメだ、無能だ、できないと扱われたら、可能性がある人も芽が出ないというものだ。内面とか能力なら後天的であるが、外見というのは意思で変えられるモノと変えられないモノがあるし(金を払って整形というのは別にして)それによって性格や能力が大きく変わると思う。金を払って整形する事でその後の人生が好転するならイイですよね。読後はなんかモヤモヤですが…
読了日:11月29日 著者:百田尚樹
できるアルバイトを育ててお店・会社を回す方法できるアルバイトを育ててお店・会社を回す方法感想
マクドナルドの最優秀店長だった著者が飲食店に限らずアルバイトやパートをどの様に気持ち良く働いてもらうノウハウが満載です。メールマガジンや動画では熱い人ですが、この本は別人の様に固くも柔らかくもなく、読みやすい本でした。
読了日:11月21日 著者:鴨頭嘉人
超訳 ブッダの言葉超訳 ブッダの言葉感想
オーディオブックで聞いた。ブッダって恵まれた家庭で産まれたのですね、だからと言って言葉や考えが素晴らしいことには違いない。
読了日:11月15日 著者:小池龍之介
出光佐三 反骨の言魂(ことだま)出光佐三 反骨の言魂(ことだま)感想
「海賊とよばれた男」を読み、出光氏に大変興味を持った。どこまで事実なのかを知りたくて読んだ。事実がほとんどだったのですね、日本が誇れる素晴らしい人です。
読了日:11月15日 著者:水木楊
野球のプレーに、「偶然」はない ~テレビ中継・球場での観戦を楽しむ29の視点~野球のプレーに、「偶然」はない ~テレビ中継・球場での観戦を楽しむ29の視点~感想
電子書籍で読みました。投球の組み立て、守備位置なども考えて観戦するのは楽しいですよね。テレビでの解説を解説している本ですね、面白かった。
読了日:11月15日 著者:工藤公康
100円のコーラを1000円で売る方法2 (中経出版)100円のコーラを1000円で売る方法2 (中経出版)感想
オーディオブックで聴きました。マーケティングを学んでも、活かす事ができる仕事をしているわけではないが、分かりやすいストーリーで楽しめました。続編もオーディオブックになったら聴こう。
読了日:11月7日 著者:永井孝尚
私の教え子ベストナイン (光文社新書)私の教え子ベストナイン (光文社新書)感想
ノムさんが監督時代に活躍した選手を通して、やりたかった野球を解説しています。もう一度監督やってくれないかな〜。
読了日:11月7日 著者:野村克也

読書メーター
[PR]
# by taka0030027 | 2013-12-13 07:00

2013年10月の読書メーター

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2351ページ
ナイス数:86ナイス

楽天イーグルス 優勝への3251日 ――球団創設、震災、田中の大記録・・・苦難と栄光の日々 (角川SSC新書)楽天イーグルス 優勝への3251日 ――球団創設、震災、田中の大記録・・・苦難と栄光の日々 (角川SSC新書)感想
テレビで1時間位のドキュメント番組を見ている様な気分になりました。旬がとても短い本、読むなら今すぐですね。
読了日:10月29日 著者:山村宏樹
永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)感想
自分の信念を持って異端でいることは、周囲の捉え方は様々なのだろう。全ての人に好かれる事はないのだから。戦争について知らなかった事が多かった、余計なプライド他人の事を考えない事で多数の人命を失ったこと、アメリカとは思っていた以上に差があった事など。
読了日:10月29日 著者:百田尚樹
夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神感想
ガネーシャが前作で伝えたことは「良い仕事をする」それに対して幸子さんが伝えることは「人として良く生きる」ことかな。面白いし、笑える。
読了日:10月23日 著者:水野敬也
「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方感想
著者は「リーダー」とは逆の立場として「部下」に焦点を合わせたのでしょう。部下に限らず「社会人」としてどう生きるかのヒントが書かれています。他の本でも書かれている事も多いですが、著者の優しさを感じ、勇気が湧いてきます。
読了日:10月17日 著者:岩田松雄
海賊とよばれた男 下海賊とよばれた男 下感想
叱った時に「この人を見返してやる」では小さい、「この人を喜ばせたい」と思ってもらえるリーダーになりたい。財産や仕事を残す事は立派ではあるが、「人を残す」が一番大事なんだろうなと思う。
読了日:10月17日 著者:百田尚樹
海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上感想
人間尊重。利他の精神で共に働く人達を「家族」と思う事。自分の会社の利益を求めるのではなく、石油業界の為、そして日本の為に行動する。なんて器の大きい人なんだろう。
読了日:10月17日 著者:百田尚樹
愛という勇気―自己間関係理論による精神療法の原理と実践愛という勇気―自己間関係理論による精神療法の原理と実践感想
無意識に届くと信じて読み続けた。第8章の治療的儀礼の治療者になる事が出来ればと思うが、道のりは遠い。読むのに相当パワーが必要、読み返す機会がある時、自分の成長をきっと感じるだろう。
読了日:10月3日 著者:スティーブンギリガン

読書メーター
[PR]
# by taka0030027 | 2013-11-06 21:22

2013年9月の読書メーター

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:398ページ
ナイス数:15ナイス

NHK「100分de名著」ブックス フランクル 夜と霧NHK「100分de名著」ブックス フランクル 夜と霧感想
生きる意味… 創造価値、体験価値、態度価値。態度価値を身につけられれば素敵な人生だ。その為に悩む事は良いのだな。悩む事は人間らしいこと。「夜と霧」をもう一度読もう。
読了日:9月9日 著者:諸富祥彦
ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得感想
岩田流「ジョハリの窓」は理解しやすい。ミッションは自分の考え。ブランドは他人からどう見えるか…かな。仕事のブランドではなく、自分のブランドを確立したい。自分はどう見られたいかを真剣に考えよう。
読了日:9月6日 著者:岩田松雄

読書メーター
[PR]
# by taka0030027 | 2013-10-03 07:41

2013年8月の読書メーター

2013年8月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:1583ページ
ナイス数:38ナイス

バイトだけでも営業できるマクドナルドの教え方バイトだけでも営業できるマクドナルドの教え方感想
飲食店で働く人には「そうだよね」と言いたくなる事が満載の良書。「クルー(アルバイト)を自慢する」事はとても大事。他人の悪い所ばかりに目が行く店長がいる店に良い店を見た事がない…はとても共感できる。店長もクルーだけではなく、部下と上司でも同様ですね。著者はNLPトレーナーである。飲食店とNLPは役に立つ組み合わせなのだという思いをさらに強くした。
読了日:8月28日 著者:丸本敏久
知識ゼロからのクレーム処理入門知識ゼロからのクレーム処理入門感想
読みやすい。絵がある事で手に取りやすい。それでも内容が薄いとは感じない。クレームを処理するポジションに配属されたばかりの人はぜひ読んでみてください。
読了日:8月24日 著者:弘兼憲史,援川聡
「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のこと「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のこと感想
タイトルが必要以上に刺激的。岩田氏が他の著書でも書いている事もあります。内容にブレがなく、この様な経営者、上司と働きたいと思わせられる。
読了日:8月24日 著者:岩田松雄
ダイエットをやめればドンドン痩せる!精神科医が教える「しない」だけダイエット12の法則ダイエットをやめればドンドン痩せる!精神科医が教える「しない」だけダイエット12の法則感想
ストレスを上手く解消しないと太るワケだ。良く眠って疲れをしっかり取る為に、入眠の2時間前までに食事を済ます事にする。胃に残っていると疲れが取れづらいらしい、そして太らない。今まで不規則を言い訳にしてきたが、自己中になっても健康を維持しよう。
読了日:8月14日 著者:樺沢紫苑
ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由感想
「分からない事を部下や後輩に教えてもらえるか?」私はできます、むしろ大好きです。自分の為になるのはもちろんですが、相手をちょっとゴキゲンにする事ができるからです。一番共感できた事はこれかな、また再読しよう。
読了日:8月14日 著者:岩田松雄
1泊4980円のスーパーホテルがなぜ「顧客満足度」日本一になれたのか?1泊4980円のスーパーホテルがなぜ「顧客満足度」日本一になれたのか?感想
最近山形のスーパーホテルに泊まる事が増えた。ホテルのカウンターで紹介してたので、購入した。部屋に電話が無い、ベッドに脚が無くて天井が高く感じる上に清掃時間が短縮されてるなどでコスト削減し、満足度を高めているのは本当だ。この本を読むと、より快適に泊まれそうですよ。
読了日:8月10日 著者:山本梁介
仙台ルール (中経出版)仙台ルール (中経出版)感想
これ、仙台に住んでいないと分からない小ネタ満載。2年目仙台人でも「あるある」満載です。まだ知らなかった事はいい勉強になったということでw
読了日:8月6日 著者:都会生活研究プロジェクト[仙台チーム]
ザ・ファシリテーター2―理屈じゃ、誰も動かない!ザ・ファシリテーター2―理屈じゃ、誰も動かない!感想
オーディオブックで聞いた。ファシリテーションを学びたい!と思わせる内容は前作同様でした。ドラマとしても楽しめました。続編出ないかな。
読了日:8月6日 著者:森時彦
部下の心を1分で動かすマネジメントレターの秘密部下の心を1分で動かすマネジメントレターの秘密感想
こんな経営者の下で働きたい、いやこんな経営者になりたい。視線を低く、偉そうにしない。そんな心をつかむリーダーになりたい。目指したい人の一人です。
読了日:8月6日 著者:岩田松雄
奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録感想
百姓とか研究者ではなく、哲学者の様だ。自身の狂気を成功に繋げた。実に素晴らしいミッション。
読了日:8月2日 著者:石川拓治NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班
精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則 日本で一番わかりやすい睡眠マニュアル精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則 日本で一番わかりやすい睡眠マニュアル感想
カーテンが無いから、日差しを浴びてセロトニン出てます。寝起き良いです。何より寝つきが抜群に良いです。
読了日:8月2日 著者:樺沢紫苑

読書メーター
[PR]
# by taka0030027 | 2013-09-07 22:28

2013年6月の読書メーター

2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:0ページ
ナイス数:7ナイス

一杯の牛丼から見えてくる日本経済の軌跡とこれから一杯の牛丼から見えてくる日本経済の軌跡とこれから感想
外食産業は短いスパンで動いている業界なだけに、近視眼になりがち。それが低価格競争と高離職率に繋がると思っていたが、この本を読んでその思いを強くした。
読了日:6月30日 著者:佐藤 毅史

読書メーター
[PR]
# by taka0030027 | 2013-07-01 22:43

2013年5月の読書メーター

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:676ページ
ナイス数:23ナイス

イラッとしたときのあたまとこころの整理術イラッとしたときのあたまとこころの整理術感想
「ネガティブな気持ちの背景には、前向きな信念・価値観がある」だからネガティブな気持ちを受け入れ、「何がこう思わせるのだろう」と自問する事で落ち着き、向き合える。トライアングル コミュニケーション モデルは是非学んでみたい。
読了日:5月28日 著者:竹内 義晴
心が思い通りになる技術心が思い通りになる技術感想
NLPを理系的な説明で書かれてます。文系の自分にとって難しいかと思っていたが、驚くほど分かりやすかった。例えが今まで学んできた事の理解を整理するのに役立った。学びを続けてまた読み返したい。その時はまた更に自分のモノにできている事を実感できるだろう。
読了日:5月21日 著者:原田 幸治
これだけ!  ほめフレーズこれだけ! ほめフレーズ感想
相手の能力を引き出す言葉=ほめフレーズ。「ほめる」という行為が「上から目線」と感じるのであまり使わない様にしているのだが、なかなかシックリこない。いずれにせよ、有用なフレーズが沢山あります。使わないと勿体無い。
読了日:5月14日 著者:鈴木達也
覆面調査員(ミステリーショッパー)は見た!  感動のサービス あきれたサービス覆面調査員(ミステリーショッパー)は見た! 感動のサービス あきれたサービス感想
店ってこうありたいと思う。そういう内容です。但し著者が血を流していない、涙を流していないので、共感できない。特に第一章は不快。苦い薬の様な本、間違った事は書かれていない。
読了日:5月10日 著者:本多 正克
伝え方が9割伝え方が9割感想
「ビックリした、この本使える!」文章を書く事で頭痛がする私が、楽しくなる位のスキルが満載です。まるで料理のレシピのようなスキルが、できる、できると励ましてくれます。周りをビックリさせてやりたいですね。
読了日:5月2日 著者:佐々木 圭一
リッツ・カールトン たった一言からはじまる「信頼」の物語リッツ・カールトン たった一言からはじまる「信頼」の物語感想
高野氏の著作を読む度に、「プライドを持って、憧れられる仕事をしたい」と思う。それは仕事を変えたいのではなく、「職場を変える」という意味でである。今回は特に「言葉の大事さ」について取り上げられている。リーダーとして仲間達にどの様に声をかけるか、声のかけ方でモチベーションを下げるかが響いた。
読了日:5月2日 著者:高野 登

読書メーター
[PR]
# by taka0030027 | 2013-06-30 23:30

2013年4月の読書メーター

2013年4月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1389ページ
ナイス数:26ナイス

転んでもただでは起きるな!  - 定本・安藤百福転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福感想
人を良くするモノが「食」素晴らしい食の発明家。耳が痛くなる言葉が少なくない。挑戦するには遅くない… 心に残る。
読了日:4月30日 著者:安藤百福発明記念館 編
やる気と笑顔の繁盛店の「ほめシート」やる気と笑顔の繁盛店の「ほめシート」感想
「ほめシート」は使える。コミュニケーションが得意な人は、紙を使わなくても、口頭で上手く伝えられるのだろう。得意な人ってそう多くはない。だから紙を使う事が有効なのだろう。「売る為に褒める」
読了日:4月25日 著者:原 邦雄
ディズニーと三越で学んできた日本人にしかできない「気づかい」の習慣ディズニーと三越で学んできた日本人にしかできない「気づかい」の習慣感想
気づかいって何だろう?相手が望んでいる事を、相手の非言語を観察し予測して、行動し喜ばせることかな。「気づかい」はする側の善意。されたら感謝。相手に求めるのは甘え。
読了日:4月25日 著者:上田 比呂志
何のために生まれてきたの? (100年インタビュー)何のために生まれてきたの? (100年インタビュー)感想
戦争に正義は無く、見る側によって「正義」と思っているだけで、相手は必ずしも「悪」ではない。そして双方に悲しみがあるだけ。 飢餓を救う様な「無償の愛」こそが「正義」なんじゃないのかな。 心が晴れない時に読み返してみよう。1時間あれば読めます。
読了日:4月20日 著者:やなせ たかし
プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実感想
何があったか知りたい。知ってどうなるというものではないかもしれない。責任逃れを考える人、ミッションと捉えて行動する人。どちらになりたいかを考えさせられる。
読了日:4月9日 著者:朝日新聞特別報道部
境界を生きる 性と生のはざまで境界を生きる 性と生のはざまで感想
「無関心は罪」…その通りだ。思えば中学生の時に、女性がある日突然髪をスポーツ刈りにして詰め襟の学生服を着てきて大騒ぎになった事があった。数年前、アルバイトの応募者が見た目は男性、名前は女性。通り名である男性名を使いたいと言ってきた事がある。身近にある問題であり、表に出せなくて苦しんでいる人に気づけていない事もあったかもしれない。個性として受け入れられる人になりたい。「前例が無い」という言葉がますます嫌いになった。前例が無いなら自分が道をつくる、そういう人でありたい。
読了日:4月2日 著者:毎日新聞「境界を生きる」取材班

読書メーター

[PR]
# by taka0030027 | 2013-05-02 09:05 | 読書