ピザ屋の店長 邪悪日誌


by taka0030027

仕事と家庭。

egurishさんの「明日はいいことありますように。」からTB

急にやる気になっている店長です。
はっきり言って雑誌の特集に出ているサイトの中じゃクオリティは最下位ですね。
でも、素敵な懐かしい仲間の励ましと、最近仲間になった人の応援を、
勝手に都合よくエネルギーにしてがんばります。

さて本題。

ピザ屋でも女性のアルバイトはたくさんいます。
そして妊娠しながら働いた女性も数人います。
今回は妊婦Sのお話。

すでに娘が一人いるSが、突然「二人目できちゃった」と報告してきた。
Sはインストアスタッフで、キッチンの仕事をメインでやっているが、ポスティング(チラシ配布)もやってもらっていた。
しかし、北海道の冬は路面が悪い
   ↓
転ぶ、胎児に影響
   ↓
店長、寝つきが悪くなる

これは嫌なので、代わりに店長自ら必死にポスティングにいくことになりました。

制服もお腹が大きくなると苦しいということで、ウエスト105センチのズボンを準備

まあ、みなさんは6ヶ月くらいまで仕事したのかなと想像するでしょうね。
でもSは生まれる5日前まで仕事してました。
いくら二人目だからと言って、随分余裕かましてました。辞めれとは言えませんからね。

ところがこのS、生まれてからしばらくして
「店長、そろそろ店に戻りたいんだけど」
まあいいでしょう、でも1年半後に
「店長、またできちゃったさ~」

はい、もう動じません。どうせ大丈夫なんだろうと、ウエスト105センチをまた引っ張り出しました。
さすがに3人目の貫禄、何一つ問題起こさず仕事してましたが、ある日、
「もうそろそろ生まれそうなんだよね」
いつごろ生まれそうなんだと聞けば
「○月1日ころかな」
オイオイ、その日シフト入ってるじゃん。
「もし生まれるなら、○○さんと代わってもらうから」
堂々としすぎです。

そして○月1日、朝6時過ぎ、もちろん寝てましたが電話で起こされました。
「店長、もう生まれるからこれから病院行くわ、○○さんとシフト変わったから」


子供が生まれるまでシフトに入っていた女

これを超える記録と言ったら、勤務中に生まれるくらいしかないでしょう。
母は強し・・・
女性がみんながこれくらい強いと、少しは気持ちは楽です。


ちなみに、その後職場復帰しました
[PR]
by taka0030027 | 2005-10-08 01:32 | ピザ